第6話 結局、元の木阿弥なのです

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、五臓の働きの連携から、
様々な夏バテの症状があるというお話を
させていただきました。

 前回のお話 第5話 燃料切れにご注意を!

さて今回は、前回までのお話に加えて、
何やら「肝」にまつわるお話もありそうですが…

気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 「脾」「腎」「肺」が、
 夏バテに影響しているというのは
 なんとなくわかってきました。

 というか、やっぱり水分代謝系が多いように思います。。。

 でも、さらに「肝」も影響しているって、
 どういうことでしょうか?

深澤先生:
 まいちゃんの場合は、
 これまでのお話であったように
 「肝気うっ血」があるのよね。

 この体質は、
 今回のような症状を引き起こしやすくしている
 原因の1つでもあるの。

まいちゃん:
 え!? 「肝気うっ血」が?
 うう、ええと。
 「肝」って、血を貯めておくんでしたっけ?

深澤先生:
 「肝」は、血を貯めておく他にも、
 血の出し入れや氣の流れの調整なんかも主っているわ。

 ここで重要なのは、
 「肝」によって
 「運化」の際に働く氣の調整が行われているということ。

まいちゃん:
 え?ちょっと、待ってください!
 ということは、「肝気うっ血」「肝」がパンパンだと、
 そもそも「脾」運化に使われる
 「氣」の流れが滞っていた、ということになりませんか?

深澤先生:
 その通り!
 そもそも「肝気うっ血」がなければ、
 ここまでまいちゃんの
 下痢がひどくなることはなかったかもしれないのよ。

 つまり下痢の原因になっている出発地点は、
 「肝気うっ血」かもしれないってことね。

まいちゃん:
 また出た! 「肝」がパンパンなやつ!
 そっかぁ。。。 新人教育のイライラも、熱中症も、夏バテも。
 結局は「肝気うっ血」という今の体質から来てるってわけですね。

深澤先生:
 そういうこと。
 加えて「腎」の方も見ていかなきゃならないかもなのよね。

 とはいえ、まいちゃんの場合は、
 まずは当面の下痢を治さなくちゃなんだけど、
 そこが落ち着いたら、「肝」を見ないといけない、というわけ。
 
 目の前にある症状だけ見ていたら、
 結局本当に病の原因となる場所がわからないでしょ?

 今回も、症状だけを見ていたら、
 まずは「脾」をどうにかしよう!ってなるんだけど、
 他にも「腎陽」足りなかった「肺熱」があるかもしれないし、
 最終的には「肝気うっ血」という根本原因もある、ということになるの。

まいちゃん:
 う〜ん。 やっぱり一筋縄ではいかないんですね。
 でも先生、日頃の生活で気をつけるのって、難しいように思います。

深澤先生:
 確かにねぇ。 今の快適な生活環境に加えて、
 精のつきすぎるお食事は、
 避けて通れない現実ですからね。
 しかも、美味しいものほど、熱がこもりやすい、という苦笑
 体に入れない、というのはほぼ不可能に近いものね。

まいちゃん:
 そうなんですよ! 
 全部拒否してたら、
 食べるものも住むところもなくなっちゃいます苦笑

深澤先生:
 だとしたら、「出していく」しかないわねぇ
 もちろん食事や普段の生活の方が大事なんだけど、
 それだけでは足りなくなってしまっている場合が多いのよ。
 だから、針治療漢方薬があるのよ。
 
まいちゃん:
 うう、素人目線で何かするのはよくないですよね。
 そして、バランスの悪い生活も。。。

深澤先生:
 現代は便利になりすぎていますからね。
 それはとっても良いことなのだけど、
 便利さゆえに気がつかずに体に負担をかけていることもあるのよ。

 例えばパソコンやケータイを
 全員が使い出したのなんて、ここ20年の内じゃない?
 電気だって100年ちょっと。
 それまでは、電気もガスも電磁波もない生活をしていたわけでしょ?

 人間の体が何万年もかけて作り上げてきたものを、
 数十年で変化させることは難しいものね。

 「昔ながらの人間らしい生活」というリズムから
 大きく外れている現代の生活は、
 やはり負担がかかってしまうということになるのよ。
 だからと言って、今の生活を変えるのも難しい。

まいちゃん:
 う〜ん、そうなると。
 もう今の生活をしながら、
 体を維持していく方法を考えなきゃいけない!ってことですね。

深澤先生:
 そういうこと!
 薬や治療に頼るのは構わないのだけど、頼りすぎは禁物
 普段の生活の中でキープできるのが、本当は一番いいのよ。
 
まいちゃん:
 バランス取れるように、もうちょっと努力していきたいです!
 先生、また次回もよろしくお願いします!

様々な夏バテのタイプ五臓六腑の関係
でも結局は普段の生活が何より大切、ということでした。

今回のお話、いかがでしたでしょうか?

少しでも体の状態や症状を知ることにより、
ご自身の体調管理の理解に役立てていただければ幸いです。

そして、また次回、お会いできるのを楽しみに!
次回も、よろしくお願いいたします。