第2話 潤いは毛根から

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、まいちゃんから「ムダ毛処理」のお話を聞いた深澤先生。

 前回のお話 第1話 初夏と薄着と乙女心

今回は、まいちゃんのお話していたムダ毛処理から、
お肌と体毛の関係について、少しお話があるようです。

それでは、気になる本編はこちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー 

まいちゃん;
 先生、ムダ毛処理って言ったら
 「う〜〜〜ん」ってなってましたが、
 何か問題がある、ということですよね??

深澤先生:
 そうねぇ。
 問題というか最近の生活環境なんかも含めて、
 まずは体毛とお肌のお話をしていきましょうね

まいちゃん:
 はい! 今回もよろしくお願いします!

深澤先生:
 前回、「肺」の話をした時に、
 汗を調整している、といったのは覚えているかしら?

まいちゃん:
 えっと。肺の水の弁を閉じたり開いたりする機能で、
 水分調整をしている、というのは覚えています!

深澤先生:
 なかなかざっくりとしているわねぇ苦笑
 じゃ、もう一度説明するわね。

 には、「宣発」「粛降」という2つの作用があるの。

 まず「宣発」は、
 水液をシャワーのように全身に行き渡らせる機能
 特に水液が皮膚に到達した時、
 水液を汗孔から汗として外へ排出しようとする働きのことね。

 次に「粛降」だけど、
 水液を膀胱へ運び、降ろして、尿として排出させることで、
 体内の水液量を調節する働きになるわ。
 (詳しくは、前回の中医学の基礎 その18「肺」を読んでみてね!)

まいちゃん:
 つまり、肺の「宣発」「粛降」の作用は、
 汗を調整している、というお話でしたよね?

深澤先生:
 まあ、ざっくりはそれであっているわ苦笑

 この「肺」「宣発」「粛降」には、
 汗を出して肌を潤す役割に加えて、
 もう一つ重要な役割があるの。

 それは、体の熱を汗孔から出したり、逆に閉じ込めたりすることで、
 体熱の調整をするという、とても大事な役割ね。

まいちゃん:
 熱!?
 の時も、の時も出てきた、あの熱ですか??

深澤先生:
 そう。 体に過剰にこもっているあの「熱」よ。
 実はこれも、を通じて体の外に出しているの。

 そして、
 ムダ毛処理を代表とした、様々な汗対策というのは、
 健康で繊細なお肌を傷つけてしまうことが結構あるのよ。

まいちゃん:
 そっか。 お手入れってことで、
 どうしてもお肌へのダメージはかかっちゃいますもんね。

皮膚がダメージを受けちゃうと、

 場合によっては、汗が出にくくなる原因にもなるわけですね。

深澤先生:
 そう。 で、汗が出なかったら、ますます熱がこもって
 この間お話した新人くんみたいに、
体にいろんな症状が出てしまうわけ。

まいちゃん:
 私たちの生活って、普段の食事でも、ムダ毛処理でも、汗対策でも、
 だいぶがこもりやすくなっちゃってるってことなんですね。

 とはいえ、オフィスで汗もニオイも出しっ放しで気にしてなかったら
 それはそれで。。。なんというか。。。苦笑

深澤先生:
 難しいわよねぇ苦笑

 これからの季節、をかいたり
 毛の生えている場所が見た目として気になったりと、
 お年頃の方や、たくさんの人と触れ合うオフィス環境では
 エチケット上、気にするトコロはたくさんありますからねぇ

まいちゃん:
 そりゃ先生も、
「う〜〜〜ん」ってなっちゃうわけですね笑

深澤先生:
 そうなっちゃいますね苦笑

 それに加えて、今の快適すぎる環境
 まいちゃんの普段の生活も、
 夜が一番暑い!なんてことになってるんじゃない??

まいちゃん:
 先生! そうなんです!
 オフィスにいる時って、
本当に汗をかかない環境になってるんですよ。

深澤先生:
 つまり、
 食事や肌へのダメージに加えて、
 快適な生活環境の影響もプラスオンして、
 ますますがこもっちゃう、というわけ苦笑

まいちゃん:
 先生の「う〜〜〜〜〜ん」
 私も、なんだかわかってきました。。。

深澤先生:
 そして中医学的に、「汗をかかない環境」というのが、
 いかに体への影響があるのかについて、
 さらに「氣」「経絡」の観点からも、
 もう少し考えていかなくちゃならないのよ。

まいちゃん:
 出ました経絡!!
 まだまだ何かあるということですね??

 

汗をかきにくい環境が、体にがこもる原因を作っていた!?
深澤流解説は、何やらまだまだ続きそうです。

次回、経絡の観点から見た全身脱毛のお話は続きます!