第3話 違いがわかる通り道 

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、汗が中医学的に
どのような影響があるのかを「肺」の機能から解説した深澤先生。

 前回のお話 第2話 潤いは毛根から

前回に引き続き、まだまだ体への影響がありそうですが。。。
深澤流、キラリと光る経絡のお話へと続きます。

それでは、気になる本編はこちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、汗と経絡
 どんな関係があるというのですか??

深澤先生:
 はい! そのお話をする前に、
 経絡について少し復習ね。

 汗が噴き出していた例の後輩くんのお話、覚えてるかしら?

 あの子の汗が噴き出す場所
 経絡と関係があるというお話をしたわよね。

まいちゃん:
 あ! そういえば。
 臓腑と関係する経絡の通っているところに、
 やたらと汗かいていました。

深澤先生:
 そう。つまりね。。。

 経絡は、熱と邪気がこもっている人からみれば、
 それらを噴き出させる大切な場所で、
 その邪気を出すのに、汗が一役買っている、ということ。

 体というのは、ただ漫然と汗をかくわけじゃないの。
 汗が吹き出る場所は、間違いなく体のサインが出ている場所になるのよ。

まいちゃん:
 ということは、
 経絡を通して放出されるはず熱や邪気が、
 汗をかきにくい環境だったり、お肌のダメージだったりで、
 汗の調整が崩れてしまって、放出されにくくなってしまう
 ということですよね??

深澤先生:
 そう!

 少しでも体から熱や邪気を放出したい臓腑にとって、
 「氣血のバランス弁」として機能するはずの「皮毛」が、
 汗を排出しにくくなる、ということは、
 体全体の流れそのもののバランスを崩しやすくなる、
 と言うことにもなるの。

 だから熱実証で、体がパンパンの人なんかは、
 汗が出にくくなることで、
 体の中の熱や邪気をますます外に出しにくくなっていく。
 その熱や邪気が、長期間にわたって体のなかに留まっていくと。。。

 。。。さらに熱実証が進んでしまい、
 気滞や瘀血、痰飲を起こす可能性を高めることになる。

まいちゃん:
 先生! 大変です!
 それって体にいろんな不具合が起こるって事じゃないですか?

深澤先生:
 そうねぇ
 汗が出ないから、今すぐにどうこうじゃないにしても、
 長年蓄積してしまう事で、その可能性は否定できないわね。

 汗が出ないことが
 直接大きな病気につながるわけではないにせよ、
 「出ない」と言うことも、体からの重要なサインですからね。
 程度と場合によっては、未病状態が加速しかねない

まいちゃん:
 お肌のお手入れや見た目も大切とはいえ。。。
 。。。それがどれだけ体に影響するかは、
 よく考える必要がありそうね。

深澤先生:
 体は一生モノ!
 美容もいいけど、健康にも気配り目配せが必要ってわけ(^^)

 さて、今回も「肺」のところでもチラリと触れたけど。
 「氣」について、もう少し詳しくお話しした方が良さそうね。

まいちゃん:
 「氣」のお話は、所々で出てきますが、
 私、正直、よくわかっていなかったです(てへぺろ)
 先生! ぜひお願いします!

汗の調節機能のバランスを崩すことで、
体の熱や邪気が放出されにくくなるというお話でしたが、
ここからお話は「氣」に関する話題になっていきそうです。

それでは、次回もお楽しみに!