第4話 合体してから変化します

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、汗の通り道と経絡には深いつながりがある、
と言うことを説明いたしました。

 前回のお話 第3話 違いがわかる通り道

そこで今回は、「氣」についてお話が広がるようです。

それでは、気になる本編はこちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 経絡っての通り道、と言うお話でしたが、
 やっぱり「氣」ってよくわからなくて。

深澤先生:
 所々に出てきてはいたものの、
 「氣」そのものの説明というのは、あまり詳しくしてこなかったからね。 

 今回は「氣」について説明をしていくわね!

まいちゃん:
 はい! よろしくお願いします!

深澤先生:
 「氣」は、で作られるというお話を、
 先週の「中医学の基礎 その18」で軽く触れさせてもらったけど、
 その復習からしていくわね。

 まず、「氣」がどのようにできるのか、だけれど。
 下の3つが結合して作られるのよ。

 1. 鼻から取り入れられた呼氣(天氣) >> 肺
 2. 水穀の精微 >> 脾
 3. 腎に蓄えられている腎精 >> 腎

 肺・脾・腎の3つの臓器の働きによって、
 「氣」というものは作られるの。

 脾の運化の働きで取りこまれた2の水穀の精微は、
 1の呼氣と合わさり、そこに3の腎精経絡を介してやってくることで、
 結合が起こって、体に必要な「氣」が作られる、という流れね。。

まいちゃん:
 ヘぇ〜!
 「天氣」って、まるでお天気みたいですね?」

深澤先生:
 お! いい視点ね!
 天氣という、外から取り入れられる氣は、
 季節ごとに性質が異なるのよ。

 例えば、5つの季節があったでしょ?

まいちゃん:
 ええと、春夏秋冬と、あと土用でしたっけ?

深澤先生:
 そうそう。五季

 夏は暑く、冬は寒いように、
 季節によって外の環境が変化するでしょ?
 つまり当然「天氣」も、季節ごとに性質が変わってくる

 この「天氣」というのは、
 人間の体を育むための「氣」になるのだけど、
 それとは逆に、人間に害をもたらす「氣」もあって、
 それを、外からやってくる邪気、ということで
  「外邪」ともいうの。

 例えば、夏なのに異常に寒かったり、
 春先なのに、夏のように暑かったりするでしょ?
 こういう「通常ではあり得ない」温度や環境なんかも、
 「邪気」になるわ。

 邪気には風寒暑湿燥火の6つあるのだけど、
 詳しくは都度、お話ししていくわね。

まいちゃん:
 そうかぁ
 確かに、は暑くて汗が出るし、
 冬、寒い時は鳥肌立ったりしますよね。

 普段はそうやって体を守っているわけだけど、
 ひとたび季節が変わってしまえば、
 たちまち体が反応するようにできているんですね。

 体って、繊細に変化したり反応したりして、
 外の環境に適応しようとしてるんですね。

 だとしたら、今のエコじゃない職場、
 本当に体に悪いと思うんですよ。。。

 実際、ウチの職場も風邪っぽい人が多くて、
 「風通しが悪い! 空気が悪い!」って文句が多くなったから、
 空気清浄機が取り入れられたんです。

深澤先生:
 そもそもの原因が違うように思えるわねぇ苦笑

 外と室内との環境のギャップが大きいと、
 取り込まれる「氣」も変化が激しくなって、
体が混乱しちゃうからね。

 人間にとっての「快適」が、
 体にとって本当に最良か?という
新たな問題が発生しそうだわねぇ。

まいちゃん:
 うう、人ごとじゃないです。。。
 とにかくオフィスのエアコンの温度はなんとかして欲しいです。。。

今くらいの季節から、

 日々、冷え性女子暑がり男子壮絶な戦いで、
 職場が戦々恐々としちゃうんですよね。

 私はもう面倒臭いので、夏なのに巻き毛布持参です。

深澤先生:
 職場での力関係もあるでしょうから、
 エアコンの主導権を握るのはなかなか難しそうねぇ笑
 まずは冷えすぎない対策をしておかないとね!

 とまあ、この辺りの話は別の機会にするとして。

 体の中の「氣」についてお話に戻したいのだけど。
 ちょっと長くなっちゃったから、次回にするわね。

まいちゃん:
 はい! お願いします!

「氣」はどのようにして作られるのか?と言うお話と、
天氣と言う、季節ごとに体を育む氣と、
邪気と言う、体に病をもたらす2つの「氣」がある、と言うお話でしたが。

深澤先生、ここからさらに
体の中の「氣」についての考え方を深めていくようです。

それでは次回もお楽しみに!