第6話 体の中で七変化

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、氣とはそもそも何で、どのようにして作られるか、
と言うことを説明いたしました。

 前回のお話 第5話 世界の始まりはココからです(皮毛肌肉編 その5)

前回に引き続き、
今回は、
体の中の「氣」について分類のお話になりそうです。

それでは、気になる本編はこちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 「氣」は届けられた場所によって、
 性質が変化したり、役割が変わったりする、というお話でしたが、
 「氣」ってつまり、一種類じゃないっていうことですよね?

深澤先生:
 察しがいいわねぇ笑
 まいちゃんのいうとおり、
 体の中の「氣」は、
 「元氣」「宗氣」「衛氣」「営氣」と、大きく4つに分類されているのよ。

まいちゃん:
 4種類もあるんですか!?
 以外に多くてびっくりです。

深澤先生:
 それだけ、体の働きというのは繊細で複雑、ということね。
 それぞれについて、簡単に説明していくわね。

 まず1つ目は「元氣」
 これは他にも「原氣」「真氣」と言われることもある、
 五臓六腑をめぐる「氣」の元ね。

 3つの臓器からやってきた
 「水穀の精微」「天氣」「腎精」の結合からできた氣のことを言うわ。

まいちゃん:
 元気!の語源って、もしかしてここからきてるのかもですね。
 確かに元氣がたくさんあれば、
 人としてエネルギーがたくさんあることになりますもんね!

深澤先生:
 うふふ。そうね!

 さて、2つ目は「宗氣(そうき)」
 これは、肺の中に溜まっている氣のことを言うの。

 肺の中に取り込まれた天氣が、
 水穀の精微と、結合してできたばかりの氣で、
 肺の中にとどまって呼吸を司っている「氣」でもあるの。

まいちゃん:
 へー!
 中医学だと、呼吸も「氣」の働きによるんですね!

深澤先生:
 分かってくると、なかなか面白いでしょう??

 3つ目は、「営氣(えいき)」
 これは、血とともにめぐる「氣」のことを言って、
 主に脈官の内側を守る役割ね。

 営氣と血とは別のものなんだけど、
 血とともにめぐるから切り離すことはできない、と考えられているのよね。
 だから「営血」なんて呼ばれ方をすることもあるわ。

 最後、4つ目は、「衛氣(えき)」
 主に体の表面に存在して、外邪の侵入を防いでいるのよ。

まいちゃん:
 あ!もしかして。。。

深澤先生:
 そう。この「衛氣」は、お肌
 つまり「皮毛」にとても深く関係しているの。

 例えば、夏は暑いのに、時々急に寒くなる日なんかがあるでしょ?
 汗を出して熱を放出しやすくしているところに、
 突然、外の冷たい「風(ふう)」がやってきたら、どうかしら?

 普通は、この「衛氣」の粛降作用
 鳥肌を立てて体を守ってくれるのだけど、
 「衛氣」傷ついてしまっていたら、体の表面を守りきれず、
 体の中に外邪である「風邪(ふうじゃ)」が入り込んでしまう

 で結果、夏風邪になってしまうのよ。

まいちゃん:
 うう、我がオフィスのエアコン問題を思い出します苦笑

 ん? ということはつまり「衛氣」が弱くなると、
 外邪の侵入も防げなくなってしまうし、
 体の放出されにくくなってしまうし。。。

 つまりつまり!
 体の防御力が弱くなって、
 病気になりやすくなっちゃう、ということですか?

深澤先生:
 ご明察!
 特に「衛氣」は体の一番外側をガードする、
 目に見えない防護服のようなものですからね。

 「衛氣」は目に見えず、わかりにくいとはいえ、
 その損傷や症状は、必ず体に出てくる

 長年のダメージの蓄積でお肌とともに衛氣が傷ついてしまうと、
 何年もかけて体の調節機能が徐々に損なわれていって、
 ひどい時には、
 傷ついた衛氣の経絡と関係する臓器に不具合を起こしかねない

まいちゃん:
 そうか! 臓腑のサインが経絡に出る、ということは、
 逆を言えば経絡が傷ついたら、臓腑も傷つく、ということなんですね!

深澤先生:
 そう!「衛氣」は、肌だけではなく臓腑も守っている
 ということにもなるの。

 そして私たちのような鍼灸師は、
 この経絡の性質を利用して、適切な場所に鍼を打って、
 熱を出したり足りない氣を補なったりしているのよ。

まいちゃん:
 体は経絡でつながっている。。。
 一見関係ないように見えても、実は深いつながりがあるんですね!

 先生、今週もありがとうございました!

4種類の「氣」と働きについてのお話を通して、
体の仕組みとの関係が少しずつ分かってきました。

お肌と経絡、そし五臓六腑は関連したところに影響が出あい
それが逆に治療にも使われています。
長年の知恵が現代に息づき、
今でも有効な治療法として確立されているのです。

これからも、エピソードや解説を通して、
奥深い中医学の真髄に触れさせていただければと思っております。

今回も、お付き合いくださりありがとうございました。
また次回もお楽しみに!