吹き出た汗は、体の叫び (「胃熱」編 その1)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

4月も半ばを過ぎ、陽気もだいぶ春めいてまいりました。
色とりどりの花もほころび、暖かさが一段と増してきましたね。

お花見や歓迎会も盛んなこのシーズン、
お酒の席や外食が増えてくると思います。

そんな席では、
まだまだ鍋などの温かい食べ物が並びますが、
食事をしていて、こんな症状が出ることはありませんか?

・食べて間もなく、汗が噴き出てくる
・鍋の前に座ると、頭がボーっとする
膨満感、もしくは飢餓感がおさまらない
・やたらと飲み物をガブガブ飲む

実はコレ、とある臓器からのサインなんです。

さあ、今回のエピソードはこちらから!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 深澤先生!
 つい先日、ウチにも新人が入ってきたんです。

 で、この間、軽く歓迎会をしようということになって、
 部署のみんなでご飯に行ったんですよ。

 前にもお話しした、
 私行きつけの美味しい火鍋のお店なんですけど、
 お値段お手頃だし、そこにしようということになって。

深澤先生:
 いいわねぇ、鍋!
 みんなで同じ釜の飯をつつき合えば、
 心の距離感も縮まりそうね。

まいちゃん:
 そうなんですよね(^^)
 普段見えない顔も見えてくるし、
 仲良くなるにはうってつけだっていうことで。

 それで、みんなでワイワイと鍋をつついてたんですが、
 お向かいに座った新人くん、
 とにかく汗がすごかったんです。

 フーフー言いながら、
 顔から首から、タオルで拭き拭きしだして。
 真っ赤な顔して一生懸命食べるものだから、
 なんだか かわいくって。

深澤先生:
 ん? その汗すごかった子、大丈夫かしら?
 他の人、そんなに汗出ていないわよね??

まいちゃん:
 確かに、言われてみれば。。。
 鍋は辛くて熱いから、
 私も他の同僚も汗はかいてたと思いますが、
 新人くんほどじゃなかったと思います。

 そういえばもう、ハンカチじゃ間に合わないから、
 常にタオル持ってるって言ってました。

深澤先生:
 う〜ん。ねぇ、まいちゃん。。。
 もしかしてその子、冷たい飲み物ばっかり飲んでない?

まいちゃん:
 言われてみれば。。。
 お酒は飲めなくって、ウーロン茶ばっかり飲んでたと思います。
 飲み終わったグラスを下げにきた店員さんに、
 「氷が食べたいんで!」って言って下げるの断ってましたっけ。
 最後には氷をガリガリ食べてましたよ。

 お腹は少しポテっとはしてますが、
 特に目立って太っているわけでもないし、
 逆に若いくせに、健康には気を使ってるみたいでしたよ。
 サトリ世代なんでしょうかね笑

 話を聞いていると、ニンニクとか生姜とかネギとか
 臭いのが好きみたいで。
 TVで体にいいって聞いてからは、選んで食べるようにしてるって。

深澤先生:
 そうかぁ。。。
 それもあんまり良くないわねぇ。。。

まいちゃん:
 そうなんですか??
 私なんか、若いのに健康に気を使っててすごいなぁって
 ちょっと感心してたんですが苦笑

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

さて、この新人くんのような方、周りにいませんか??
こんな人は要注意!

なぜかというと。。。 

続きは次回!エピソード2に続きます。

 

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
 実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。