関わり深く、絡み合う (「胃熱」編 その2)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、美味しい歓迎会の
ほっこりストーリーかと思いきや!

まいちゃんのおしゃべりから、
深澤先生が新人くんの体の状態を見抜きます。

前回のお話 吹き出た汗は、体の叫び (「胃熱」編 その1)

火鍋を食べて汗をかくのは、当たり前かと思いきや!
さあ、気になる続きは、こちらから!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、先ほどお話にあった、
 汗を大量にかきながら火鍋食べてる新人くん
 何が「良くない」んでしょうか??

深澤先生:
 まいちゃん、この子はね。
 もしかしたら「胃」に注意した方がよいかも。

まいちゃん:
 「胃」って、あの胃袋のことですか?

深澤先生:
 うーん、そうね。
 まずは漢方の中で「胃」と言われている部位の
説明からしたほうがよさそうね。

 中医学でいう「胃」は、「肝」の時のように
 西洋医学の「胃」とは、重なるところはあっても、
 考え方や捉え方が全く違うのよ。

まいちゃん:
 へぇ、そうなんですか!

深澤先生:
 西洋医学で「胃」というのは、
 食べ物を消化する臓器、という感じでしょ?
 でもね、中医学の場合は、
 やはり「胃」という単体の臓器だけに注目はしないの。

 機能としての「胃」を見ながら、
 他の臓器とどのように関連しあって動いているかの流れも含めて
 もう少し広い範囲で概念的に捉えていくのよね。

 例えば、
 食べ物は食道から胃」に運ばれていくわよね?

 さらに「胃」で消化が終わった食物は、
 「脾」によって運ばれたり栄養の吸収が行われるし、
 吸収された栄養は、体の中を流れる「気・血・水」の元になるのよ。

 西洋医学だと、消化液を分泌して
 食べ物をドロドロにする臓器が「胃」だけど、
 中医学だと、その前後の
 食物が運ばれる機能や、吸収に関する機能も考えながら
 「胃」としての機能全体を捉うのよ。

まいちゃん:
 そっかぁ
 そうなると消化が悪いから「胃」を治す、というよりは、
 なぜ消化が悪くなっているのかを、
 「胃」という機能に関係している部分の影響も見ながら
 治していくっていうのが、中医学なんですね。

深澤先生:
 そうそう。
 その新人くんの状態を説明するには、
 まずは「胃」の機能について、少し説明が必要ね。

まいちゃん:
 先生! お願いします!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

さあ、この新人くんの「胃」何が起きているのでしょう??
次回からは、新人くんの症状を踏まえながら、
深澤先生による中医学的な解説が徐々に始まります。

気になる続きは次回!

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
 実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。