エネルギーの源は?? (「胃熱」編 その3)

こんにちは!
博厚堂はり治療院の深澤です。

前回は、中医学でいう「胃」の機能について
お話しさせていただきました。

 前回のお話 関わり深く、絡み合う (「胃熱」編 その2)

今回は、中医学でいう「胃」の働きの続きから、
新人くんに起こっている体の状態を少しずつ読み解きます。

気になる続きは、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、「胃」という機能が、
 西洋医学と中医学で違う、ということはわかりました。

深澤先生:
 じゃあ、中医学でいう「胃」を説明するのに、
 もう少し補足をしていくわね。

 食べ物は、そのままでは体に栄養を吸収できないでしょ?
 吸収しやすくするための初期消化を行うのが「胃」という機能になるの。

 人間は食べ物のエネルギーを取り入れて、
 体を作ったり活動したりするのだけれど、
 そのエネルギーを体内に取り込みやすくするために、
 「胃」に食べ物を運んで、ドロドロにするのね。

 「穀」つまり稲とか麦に表される食べ物のことを指すわけだけど、
 この「穀」「胃」ドロドロに消化された状態のことを
 中医学では「水穀」と表すの。

 さらに消化されたこの「水穀」が溜まる場所だから、
 「胃」のことを別名「水穀の海」とも言うのよ。

まいちゃん:
 へー!
 確かに胃で消化された食べ物は液状なりますね。
 と言う漢字を使うのは、なかなか粋ですねぇ!

 と言うことは、
取り入れられた食物は、

 エネルギーを取り入れやすくするために、
 「胃」水穀」にな、という流れですね。

深澤先生:
 そうそう!
 そして、この「水穀」の持つエネルギーのことを
 「水穀の精微」というのよ。

 「水穀の精微」は、「胃」で作られて「脾」で体に運ばれるの。
 中医学上では「胃」の機能は、胃単体だけではなく、
 「脾」とセットで考えていく必要があるのよ。

 だから、この一連の機能のことを「」というの。

まいちゃん:
 「脾」は、前もちょっと出てきましたね。
 確か、西洋医学の内臓としては存在しないって。

深澤先生:
 「脾」は、主に運ぶ役目を担っているから、
 「胃」とは切っても切れない機能になるわね。

 ま、今は「胃」の話が中心だから、
 「脾」の機能についての詳しい話は、後から徐々にしていくわね。

 では次に、「胃」に関する熱に注目しながら、
 新人くんの症状を、少しずつ説明していきましょう。

まいちゃん:
 先生、よろしくお願いします!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

「胃」について、中医学的な役割が徐々にわかってきました。
それが今回の新人くんの症状とどのように関わっていくのか。

次回、「胃」に関する機能と熱について、
深澤流に深く切り込んでいきます。

 

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
 実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。