季節の変わり目は、体調の変わり目 (「胃熱」編 その4)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、五臓六腑中
「胃」の機能についてお話をさせていただきました。

 前回のお話 エネルギーの源は?? (「胃熱」編 その3)

さて、今回は、
いよいよ新人君に起こっている体の症状について、
深澤流に説明をしていきます。

それでは気になる本編を、ぞうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 「胃」「水穀の精微」
作り出す機能があるというのはわかりました。

 その「胃」からの新人くんですが。
 すごい汗が出ているのは、やはりが溜まっているからですか??
 前回の「肝(かん)」と同様、冬の間に「胃」に熱が溜まるんでしたっけ。

深澤先生:
 「熱」については前回少し話したから、
 「胃」に熱が溜まっている状態までは、説明としては一緒ね。

 ただ今回の「胃」なんだけど、特に今の季節は注意が必要なのよ。

まいちゃん:
 また季節が関係しているんですか?
 確かに、火鍋を食べるには少々暑い感じがしますが。

深澤先生:
 前回の「肝」同様、
 「胃」というか胃」にも当てはまる季節があるのよ。

まいちゃん:
 でも、春って「肝」の季節だって。
 今は春じゃないんですか??

深澤先生:
 季節的には春だけど、厳密にいうと「土用」になるわね。

まいちゃん:
 え!? 「土用」!?
 「土用」ってだと思っていましたが。。。

深澤先生:
 実は「土用」というのは、夏以外にも4回あって。
 今はちょうど春から夏に向かっての「土用」に当たるの。
 中医学では「長夏」という季節になるわね。

まいちゃん:
 1年に4回もあるんですか?

 そもそも、土用って何ですか??
 夏にうなぎを食べるイメージしかありませんでした(苦笑)

深澤先生:
 もともと土用というのは、季節の変わり目のことで、
 立春・立夏・立秋・立冬になる前18日間ぐらいがこれに当たるのよ。

 それぞれ、節分の前にあるから、
 1月4月7月10月にあるんだけど、
 4月にある土用「春土用」といって、
 春から夏に向かっていく過渡期の季節になるわね。

 そして胃」、と言うか「脾」は季節でいえば「土用」
 つまり、春から夏になる季節の変わり目が一番活発になるの。

まいちゃん:
 「脾」が活発になる季節だから、
 連動して動く「胃」の働きが活発になって、
 熱が吹き出しやすくなる、ということなんですね。

 確かに、夏の暑い時よりも、
 涼しくなってくる秋ごろにお腹壊しやすいですね。
 あれも、季節的には土用あたりなのかも

深澤先生:
 そうそう!
 だから、春から夏に向かう今の季節も、
 「胃」に注意が必要なのよ。

まいちゃん:
 ということは、滋養と健康のために火鍋を食べたとしても、
 「胃」が活発になっている今の季節では、
 逆に「胃」から熱がボーボーに吹き出しちゃうっていうことになるんですね。

深澤先生:
 しかも、冬からの熱が溜まっているから尚更ね。

 体にいい食べ物というのは、それ自体の効果を考えつつ、
 食べるタイミングも考慮して摂らないと、
 逆に体に良くない効果をもたらすこともあるのよ。

 さて「」の活発になるタイミングがわかったところで、
 次は経絡の観点からみていきましょうね。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

徐々に新人くんの汗が噴き出す理由が解明されていきます。
次回は、「胃」に関する経絡と熱についてのお話になりそうです。

では、次回もお楽しみください!

 

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
 実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。