運んで、与えて、慈しむ (「胃熱」編 その6)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、「胃」の経絡について、少々触れさせていただきました。

 前回のお話 汗にも筋道があるんです。  (「胃熱」編 その5)

今回は、「胃」「脾」について、深澤先生から少々補足があるようです。

では、本編をどうぞお楽しみください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、「脾」というお話がちょくちょく出てくるんですが、
 そもそもどんな役割があるんですか?

深澤先生:
 確かに「脾」について、
 もう少し説明しておいたほうが良さそうね。

 「脾」にはいくつか機能があるんだけど、
 「胃」と関連が深い機能としては、「運化」というものがあるわ。

まいちゃん:
 うんか

深澤先生:
 そう。
 まずは「運」という役割。これはそのまま「運ぶ」役割ね。

 そしてもう一つの「化」「生化」という役割。

まいちゃん:
 せいか、って、何か生み出すんですか?

深澤先生:
 「胃」の消化の話をした時に、
 「水穀の精微」ということをちょっとお話したわよね?

まいちゃん:
 確か、「胃」でドロドロに消化されて、
 体に吸収される状態になった食物のエッセンスのことですよね。

深澤先生:
 そう、この「水穀の精微」から、
 体の様々な部位を生み出すのも「脾」の役割に含まれるの。
 それが「生化」と言う役割ね。

 「胃」「水穀の精微」を作り出すけど、吸収の機能はなくて
 「水穀」体の下の方の「脾」へ送る役割があるの。
 「脾」「胃」に代わって「水穀の精微」を体内に取り込み
 そのエッセンスを身体のあちこちに運んでいくのが、
 「運化」というわけ。

 実は、もう一つ大切なものも「運化」していてね。
 「水湿の運化」といって、水を運ぶ役割もしているの。
 つまり水分代謝に関わる機能も「脾」なのね。

まいちゃん:
 そうか!
 だから、汗にも関係するんですね。

深澤先生:
 他にも、唾液とか胃液とか、
 血以外の体に流れる液状のもの全てを運化しているわね。

 そして「運化」について、もうちょっと補足ね。

 実は、「水穀」から生み出されるのは、
 「水穀の精微」としてのエッセンスで、
 これは「気・血・心」原料となる栄養のことなんだけど、
 さらに、「水穀の精気」と言う「氣」も生み出されるのよ。

 つまり、「」では、
 食物から生み出された水穀の精微」体内に取り込み
 「気・血・心」原料を作り出すのが、役割なのよ。

 そんなわけで、中医学では、
 「胃」「脾」は切っても切れない関係になるの。

まいちゃん:
 2つの機能が補い合って
 体にエネルギーが運ばれて作られていく、ということなんですね!

 先生、中医学って本当に西洋医学と考え方が違うんですね!
 ますます知りたくなってきました!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

いかがでしたか?
このように、普段の何気ない生活の中には、
体の重要なサインが含まれていることがたくさんあるのです。

次週は、五行と中医学について
少しずつ解説していきたいと思います。

 

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
 実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。