第2話 巡りの始まりは? 

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、まいちゃんの食事の話から、
ダイエットに繋がりそうな、
体と食事と中医学のお話になりそうでしたが。

 前回のお話 第1話 そろそろ準備を始めないと!

深澤先生、まずは食べたものが
どのように体で処理されていくかを説明していくご様子。

それでは、気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 早速ですが!
 先生、ダイエットに繋がりそうなお話って??

深澤先生:
 いきなりダイエットのお話をしても、
 根本的に良くはならないですからね。

 まずは、中医学と食事について
 少しお話させてくださいな。

まいちゃん:
 はい!
 原因を知らなければ、治すこともできない、ですよね?

深澤先生:
 お! だいぶわかってきたわね笑
 どんな原因で浮腫んだり、体重が増えてしまうのか
 捉えることが重要なのよ。
 中医学は、原因である陰陽の失調を捉える医学だからね。

まいちゃん:
 確かに、どの部位にどんな機能や繋がりがあって、
 どこが滞ってしまうから太るのか、がわからないと、
 根本的な解決にはならないのかも。

深澤先生:
 そうそう。
 特に食事と五臓六腑の関係というのは、
 切っても切れない深い関係にあるからね。

 食べ物が口から入って、
 体に行き渡る流れから説明していかないとね。

まいちゃん:
 はい! お願いします!

深澤先生:
 まずは、食べ物が口から入るでしょ?
 その後、どこにいく?

まいちゃん:
 うーん。
 食道を通って、胃に行きます。

深澤先生:
 新人くんの話に出てきたように、
 中医学では食べ物は「胃」に運ばれ腐熟(ドロドロに消化)」されて、
 その後、「胃」でできた「水穀の精微」つまり栄養
 「脾」によって体に消化れ、気血津液の元が生成されていく
 というところまでは話したわよね?

まいちゃん:
 そうでした!
 でも、そのあとはどうなるんですか??

深澤先生:
 「脾」はね、「水穀の精微」の他にも、
 「水湿」の運化も司っているの
 つまり、体の中の水を巡らせる役割も持っているのよ。

 他にも、食欲や味覚と密接な関係があって、
 「脾」の状態は、を見ればわかるのよ。

まいちゃん:
 え!? 「脾」って架空のものと思ってましたが、
 ちゃんと体と連動しているんですねー

深澤先生:
 もちろんですよ! 医学ですからね笑

 だからね、過食なんかで「脾」に邪気(食滞や痰飲)溜まったり、
 「脾」の気が足りなくなったりして機能が低下してしまうと、
 食欲不振下痢お腹が張る水がたまるなどの症状が出てくるし、
 口の中が粘っこくなったり、味覚異常なんかが起こるのよね。

まいちゃん:
 そうか。
 水がうまく体に巡らないと、
 体に水分が滞ったりして、そのせいで病気が出るんですね。

 じゃあ、浮腫みなんかも「脾」の動きが鈍るから起こるんですか?

深澤先生:
 うーん。浮腫みまでくると、
 今度は、「腎」や「肺」というところまで
 考えないといけなくなるわね。

 少し長くなっちゃったから、続きは次ね!

深澤先生のお話が、どんどんヒートアップしていきます。

食事の話と思いきや、浮腫みから水分代謝の話へと膨らんできました。
水分代謝は、「脾」だけではなく「腎」や「肺」にも関連がありそうですが。。。

では、次回もお楽しみに!