第3話 水門を管理するのは?? 

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤智子です。

前回は、「脾」には水分を吸収し
吸収した水分を津液に変化させ、
(この働きを化生:けしょうと言います)

肺へ運ぶ役割があり、

その働きが滞ったり弱ることで機能が低下し
病気の症状が出てくる、と言うお話をしました。

 前回のお話 第2話 流れと巡りの始まりは?

さて今回は、「腎」や「肺」が水分代謝の役割を担っていて、
体の浮腫みと、どうやら関係がありそうなお話の続きです。

気になる本編は、こちらよりご覧ください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生!
 「脾」が滞ると、「水湿」の「運化」滞って浮腫む
 という流れが不十分みたいですが。
 「脾」の他に、「腎」「肺」が関係しているんですか??

深澤先生:
 「脾」「肺」「腎」は、水分代謝に深く関わる3兄弟なのよ。
 この3つの「臓」が連携プレーすることで、
 体の水分はバランスをとっているのよね。

 では「腎」水分代謝の関係からお話ししていくわね。
 さあ、最初にざっくり説明するわよ!

 「腎」というのは、「水を主る(つかさどる)」と言われていて、
 「水穀の精微」から得られた「津液」を、「三焦」という腑を通して
 各臓腑に広く運び届けたり輸布と言います)、
 各臓腑が出した廃液を体の外に排出したりする役割があるのよ。

 廃液のことを中医学では「濁」といって、
 「腎」からできる廃液であるお小水も、その1つなのよね。

まいちゃん:
 うーん、う〜〜〜ん!早いです!
 ちょっと、待ってくださいね。。。

 まず「さんしょう」って、なんですか??

深澤先生:
 「三焦(さんしょう)」というのは、
 体中に網の目のように張り巡らされている器官で、
 「氣」「津液」通り道なの。

 中医学的にいうと「水道を疏通して水液を昇降出入させる」器官で、
 形としては、「体の中に張り巡らされた水路
ようなものをイメージしてもらうと、わかりやすいかな。

 で、この「三焦」という水路を通して
 体の水分は上げ下げされたり、出し入れされたりしているのよ。

 「三焦」は、形が特定できないことから
 「名あって形なし」なんていわれてるわ。

まいちゃん:
 「三焦」ってつまり、
 リンパとか、そんな感じなんですかね?

深澤先生:
 そうそう、そんな感じね笑
 体の液体を運ぶ器官だと考えてもらえばいいわ。

 さて、「腎」で行なっている水分調節の機能には2種類あるの。

 まずは「開(かい)」という作用で、
 これは水門を開いて水を運び出し排出する役割。
 もう一つは「闔(こう)」といって、
 水門を閉じて水を貯蔵する役割になるわね。

 この2つの作用を合わせて
 「腎」「蒸騰気化(じょうとうきか)」というのだけど、
 これらがバランスよく働くことで、体の水分が調整されるのよ。

まいちゃん:
 なるほど! 水門とポンプのイメージですね。

 ということは、水門が閉じて、貯める方の「闔」が多くて、
 水を排出する「開」が少なくなると、
 体の中に水が残るということになりますね。

深澤先生:
 そうそう!
 それが浮腫みに繋がるのは、イメージできるかしら?

 逆に「開」が多く「闔」が少なくなると、
 体の水分がどんどん排出されて、頻尿お小水の量が多くなるのよ。

まいちゃん:
 そっかあ。 浮腫みはダイエットの大敵ですもんね!
 トイレ、あんまり我慢しちゃいけませんね苦笑
 仕事忙しいと、ついつい後回しにしちゃって。

深澤先生:
 お手洗い溜め込んでると、
 慢性的に水分が抜けにくくなって、
 「腎」の働きが鈍ってくるから気をつけてね笑

 さて、次に体の水分の調節を行ってくれている、
 もう一つの「臓」である「肺」の話をしようと思うのだけど、
 ちょっと休憩してからにしましょうか(^^)

 美味しいおやつとお茶はいかが?

まいちゃん:
 先生! ダイエット志願の私には、甘い言葉すぎます!
 でも、でも! 食べます♪

目の前の誘惑に、
果たしてまいちゃんのダイエットは成功するのか!?

次回は水分調整を司るもう一つの「臓」、「肺」のお話です。

それでは次回もお楽しみに!