第6話 だから口さみしいんです。。。

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、食べ物が「小腸」「大腸」「清」と「濁」に分けられ
最後の最後まで搾り取られる、というお話をさせていただきました。

 前回のお話 第5話 最後の最後まで絞り尽くします

そして今回は、前回までの内容を踏まえての注意点
深澤先生からありそうですが、果たして!?

それでは、気になる本編をどうぞご覧ください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 中医学の食事と流れの秘密はわかりました。
 それで、ダイエットに繋がりそうなポイントはありますか?

深澤先生:
 途中、浮腫みのお話をしたわよね?
 ポイントは、汗とお小水に関することだったけど、
 まいちゃんはそこで何か気づかなかった?

まいちゃん:
 うーんと、私が気になったのは。
 とにかく、体が連携していないとダメなんだなぁということです。

 例えば、」が正常に動いていても、
 「肺」の機能が落ちてしまえば、汗が詰まっちゃいます。

 「腎」が鈍くなってしまったら、
 特に水門を開いて押し出す「開」の機能が落ちちゃったら、
 体の中に余計な水分溜まってしまうということでしょ?

 ・・・あ!!!

深澤先生:
 どうやら、お気付きの様子ね。
 「詰まったり」「留まったり」という言葉、
 どこかでよく聞かなかった?

まいちゃん:
 そうだ! 「肝気うっ結」の時の「気滞」

深澤先生:
 お察しの通り、現代人にとても多いのが「気滞」で「実証」なのよ。
 体の中に、食事のせいで「邪気」が溜まってしまって、
 それが各機能の連携を鈍らせているということになるの。

まいちゃん:
 「実証」って、詰まってパンパンのやつですよね。
 つまり、私の3キロ太ってしまった「お肉」の正体は・・・?

深澤先生:
 食べ過ぎによって体の流れが悪くなってしまい、
 「実証」が起こってしまっているのね。

まいちゃん:
 あー! もう激辛大盛りランチは卒業します。。。

深澤先生:
 別に、たまになら食べてもいいのよ。
 毎日食べると、今回みたいになっちゃうから、注意してね。

 しかも、昼・夜と合わせて豪華なお食事だとしたら。。。

まいちゃん:
 いや〜〜〜!
 詰まった状態が体の流れを悪くして、
 どんどん溜め込んでいってしまっている状態ですね!

 私、そこに恐ろしいほどに
 食事を入れているということになるんですね。。。。

深澤先生:
 そうそう。
 しかもね、食べ過ぎて「気滞」が長いこと続くと、
 「実証」が、体を痛めつけて体の中の「正常な氣」が損なわれていって
 最終的には「虚証」になっていって。。。

まいちゃん:
 そか!
 いつまでも体が「足りない」って思っちゃうから、
 「口さみしく」なって、またさらに食べちゃうっていう。

深澤先生:
 そうなってくると、
 何を食べてもお腹が満たされない感じがして過食気味になるし、
 さらに過食で「胃熱」がひどくなってくる
 体の中に溜まった熱のせいで、熱くてしょうがないから、
 喉が渇いて水分をやたらとるでしょ?

 でも」の気滞が起きているから、正常なが体に行き渡らなくて、
 「肺」「腎」「氣」足りなくなってますます水分代謝が落ちる

まいちゃん:
 水分代謝は落ちているけど、
 「胃熱」熱いから水をがぶ飲みしてしまって、
 処理しきれない水分が体の中に溜まって
 浮腫んでいくわけですね。

深澤先生:
 そうそう。
 しかも、」の活動が落ちてくると、
 もちろん「小腸」「大腸」へ送られる「清」「濁」処理も鈍るでしょ。
 すると、いよいよ「小腸」「大腸」の働きが鈍ってくるから、
 便秘が起きる。

 結局は、「食べ過ぎ」と言う一つの習慣が、
 体をパンパンにして肥満を作り
 それを悪循環化させる原因になってしまっているのよ。

まいちゃん:
 私、自分でやっててこんなこと言うのもアレなんですけど。
 やっぱり、食べ過ぎは良くないんですねぇ。。。

深澤先生:
 そうなのよ。
 だから、まいちゃんみたいになっちゃったら、
 まずは「実熱証」になっている部位の詰まりや熱
 針を使って経絡から抜いたり
 漢方薬を使って、徐々に流したりなど、
 詰まりと熱とりをしていく処方をとるわけ。

こうしてまいちゃんの体の状態が、深澤流に読み解かれました。

今回は、中医学の中で、食事がどのように処理されるかをお話いただきましたが、
体の流れが、全てのバランスをとりながら動いているからこそ、
1つ崩れるだけでも、全体に影響していくのですね。

さて、次回は今回のお話の補足をさせていただきたいと思います。

それでは、次週もお楽しみに!