花粉症がやってきた (花粉症編 その1)

こんにちは! 博厚堂はり治療院鍼灸院の深澤です。

春といえば花粉症。
中でも4月は、症状がもっともきつくなる時期です。

さて、そんなこんなで、今回のテーマは「花粉症」

花粉症にまつわるお話を、ストーリー仕立てでお伝えしていきます。

今回からお話を引っ張ってくれるのは「まいちゃん」
どこにでもいそうな35才のキャリアウーマンです。

お話は、そんな彼女と深澤先生の何気ない会話から始まります。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 深澤先生~~~!
 もう、毎日、眠くて。。。

深澤先生:
 春眠暁を覚えず笑
 最近、あったかくなってきたし。

 春の陽気に誘われて、
 つい会社でも居眠りしちゃいたくなるわよねぇ笑

まいちゃん:
 そうじゃないんですよ~~ 、先生。。。
 私、花粉症で。
 症状止めるために飲んでいる薬が、
 もう眠たくて眠たくて(><)
 眠気抑えられないんです。

深澤先生:
 あら、それは困ったわね。
 見たところ、目の縁も、鼻の縁も赤くなってるし、
 ちょっとほっぺも赤いわねぇ。。。

まいちゃん:
 そーなんですよ!先生!
 薬が切れると、鼻水は止まんないし、目も痒いし。
 顔も火照って、ますますファンデ厚塗りしなきゃだし!
 時々、変なも出るんですよ。
 だけど仕事で迷惑かけられないから、仕方なくお薬に頼っているんです。

深澤先生:
 そう、それは大変ねぇ。。。
 少し、聞いていい??

まいちゃん:
 はい。なんでしょう、先生。

深澤先生:
 お鍋とか辛いものとか、普段からよく食べるんじゃない??

まいちゃん:
 それはもう! 冬といえば鍋!
 今年は、それほど寒くなかったとはいえ、
 ガンガンに暖房の効いた部屋で、アッツアツの火鍋を囲んで(うっとり)
 紹興酒をたしなみながら、美味しい鍋をつつくのは冬の醍醐味です!
 ストレスMAXな日常の、癒しですよねぇ

深澤先生:
 ふぅ~ん。そっか。
 ランチなんかも、アツアツやから~いの多そうね。

まいちゃん:
 そうですねぇ、言われてみれば。
 職場のビルに入ってるレストラン街でも、よく中華や韓国料理に行きますし
 麻婆豆腐とか、スンドゥブとか、アツ辛いの多いかも

深澤先生:
 やっぱり! まいちゃん、花粉症だけど。
 このままの食生活続けてたら、ちょっと危険よ。

まいちゃん:
 え?! どうしてですか??
 花粉症って、花粉とかPM2.5とかが原因じゃないんですか??

深澤先生:
 まぁ、確かに直接の原因はそうかもだけど。
 でもね、根本原因はもっと違うところにあるのよ。

まいちゃん:
 先生、どういうことですか??

深澤先生:
 花粉症の原因、それはね。。。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

熱くて辛いものが好きなまいちゃん。
でも、その食生活がどう花粉症につながるのでしょうか??

会話の中から、深澤先生が鋭く見抜いた根本原因とは?

さあ! 気になる解説は、次回!

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。