体にこもる「熱」を探せ! (花粉症編 その2)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、まいちゃんの花粉症の症状を聞いた深澤先生は、
食生活からその根本原因を見抜きます。

前回のお話 花粉症がやってきた(花粉症編 その1)

花粉症は、なぜ起きてしまうのでしょう?
そして、まいちゃんの症状は??

中医学の観点から、深澤先生が鋭くメスで切り込みます。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 先ほどのお話で伺った、
 冬のアツ辛い食生活が、私の花粉症とどんな原因があるんでしょう??

深澤先生:
 前回の内容、解説ありがとう笑
 花粉症が起こる原因はね、
 冬の間に、体に溜め込んだ「熱」のせいなのよ

まいちゃん:
 え!? 熱!?
 でも、冬って寒いじゃないですか。
 体を温めるのは、健康に良いと思うんですが。。。

深澤先生:
 確かにね、それが一概に良いとも悪いともいえないんだけど。。。
 う~ん、そうね。
 まずは、漢方でいう「熱」について説明してからの方がいいかな。

 ねぇ、まいちゃん。
 体の「熱」っていうと、どんなイメージがある??

まいちゃん:
 そうですねぇ。。。
 風邪ひいて熱が出たり、サウナやお風呂に入って体があったまってホクホクになったり。
 やたら暖房温度高くて、部屋が暑くて汗が出たり
 あ、あと。ご飯食べた後、体がホワ~んとあったかくなって眠くなります苦笑

深澤先生:
 西洋医学でいうと、「熱」って体温っていうイメージよね。
 でもね、中医学の世界では、ちょっと違うの。

 例えば、擦り傷とか捻挫なんかで怪我した時
 患部が熱くなったりするでしょ?
 あれも熱なのよ。

 他にも、体が火照ったり、のぼせたりしてるのに、体温は平熱だったり。
 体温もそうだけど、こういうのも中医学では「熱っていうのよ。

まいちゃん:
 そうなんですか!!
 確かに、捻挫や打ち身なんかで怪我したところは腫れて熱くなりますね。
 擦り傷や切り傷でも、熱くなったりしますね。

深澤先生:
 そう。熱というのは、体温が高いというだけではなくて、
 体感的に熱く感じる状態のことを言うのよ。

まいちゃん:
 そっか。
 じゃ、中医学の視点から熱を捉えた時、
 熱い鍋を食べたり、辛い中華を食べたりは、
 体にとって熱さを感じる食べ物を取り入れるから、
 「熱を貯める」ってことになるんですね。

深澤先生:
 そうそう!
 他にもね、暖房の効いた部屋で体が熱くなったり、
 運動をして体が火照ったりも、体が「熱」を持つという状態なのよ。

 逆に、すっごく熱が上がると寒気がするでしょ?
 あれは「熱」とは言わないの。

まいちゃん:
 そうなんですか?
 確かに、熱が38度超えた時なんかは、
 どんなに温めても体感としては寒いですよね。

深澤先生:
 寒気がする状態のことを「寒(かん)」というの。
 熱とは逆の体感ね。
 この状態については、また別の機会に詳しく説明するわね。

まいちゃん:
 はい!先生!
 なるほど!なんとなく分かりました!

 でも、その「熱」が、どうして花粉症につながるんですか??

深澤先生:
 うん。そこなのよね〜笑
 今回は、ちょっと長くなっちゃったから、次にしよっか。

 

中医学の「熱」。
この「熱」が、体にどんな影響を及ぼすのか?

寒い冬に熱を体に貯めるのは、一見健康に良さそうですが、
実はそう単純ではないみたいです。

次回、花粉症の原因解明は続きます

 

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。