春は伸びやかな季節だから(花粉症編 その5)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です!

前回は、五臓六腑と経絡の関連性について、
少しだけ触れさせていただきました。

前回のお話 繋がってるんです(花粉症編 その4)

さて今回は、
花粉症のまとめや補足をさせていただきます。
そこから、五行という思想についての説明が始まります。

中医学の考え方や思想に少しずつ触れていきますので、
どうぞ、お楽しみください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生!中医学って面白いんですねぇ。

深澤先生:
 そうでしょ?

 一つ一つ、個別の症状だと思っていても、
 実は繋がりがあって、
 関連する場所に症状が出てくるという話なのよね。

まいちゃん:
 ええっと、暖房やあったかい食べ物で
 まず、冬の間に体の中に熱が溜まっていって。

 体の中に熱がたまりすぎてしまうんですよね?
 そして、熱が放出されるのが、春先

 放出する先は、
 経絡を通って、関連する場所に出る。
 経絡を通って「肝」に溜まった熱は目から、
 「肺」に溜まった熱は鼻から放出される。
 だから、目や鼻の不調につながるんですね。

深澤先生:
 まとめをありがとう、まいちゃん。

 少し補足するとね、
 「肝」という機能は、春に活発なっていくの。

 「五行」という中国の考え方があって、
 五臓はこれらの五行の性質をベースに考えられているのよ。

まいちゃん:
 へー、五行ですか。

深澤先生:
 占いやってる人は聞いたことがあるかもしれないわね。

 全ての事柄は、
 木・火・土・金・水という5つのジャンルに分類されていて、
 さらに、それぞれの性質が関連しあって、
 世の中は流れ、動いている、という思想なの。

 五臓も性質毎に五行の一つ一つに割り当てられていてね。
 その関連性をベースに、
 流れや症状の出方を検証したり、解読していくのよ。

まいちゃん:
 先生、その五行という考え方がわかると、
 中医学がもう少し理解しやすくなりますか?? 

深澤先生:
 そうね。
 例えば「肝」は五行では「木」に分類されているんだけど、
 この「木」「春」の性質を持っていてね。

 春になると「肝」の機能が活発になってくるから、
 冬の間に停滞していた体の中の熱は
 春になると「肝」が伸びやかに動き出して、出そうとするのよ。

 だから、春に花粉症になる人が多いの。

まいちゃん:
 そういえば、花粉って年中飛んでいますよね?
 ブタクサにヨモギにスギに。。。

 だけど、花粉症が多いのって、やっぱり春ですよね。

深澤先生:
 そう!
 逆に、年中花粉症で悩まされている人は、
 「肝」によっぽど熱が溜まっているということになるわね苦笑

まいちゃん:
 そっか!
 吹き出しやすいのは「春」だけど、
 「肝」の熱が溜まっていれば、
 年中花粉に反応して、いつまでも花粉症が治らないという。。。

深澤先生:
 ちょっと可哀想だけれどね。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

花粉症が春に多いわけとは。
五行という中国の思想は、中医学にも深く関わっていそうです。

そして次回、漢方薬と花粉症について最終回!

なにやら誤解がありそうですが。。。乞うご期待!

 

※このお話は、事例を基にしたフィクションになります。
実際の登場人物などは、深澤先生以外は架空の人物になりますので、ご了承ください。