心と体は、一つなんです(「肝気鬱結」編 その3)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の、深澤です。

前回、「肝」の滞りにより、
まいちゃんや新人くんたちの「感情」が波立つことが
深澤先生の解説で明かされてきました。

 前回のお話 伸びる? それとも、縮こまる??

今回は、その話を踏まえて、
「肝」が司る「感情」について、
深澤流解説がキラリと光ります。

それでは、気になる本編はこちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、「肝」と「感情」に、
 一体どんな関係があるのでしょう??

 イライラやる気のなさは、
 一見真逆の症状のように思いますが。。。

深澤先生:
 そうねぇ。
 まずは「肝」の働きが、
 どのように「感情」と関係しているかを説明するわね。

 「肝」というのは、春の伸びやかさに例えられるように、
 条達、つまり伸びやかに上昇したり、発散するのを好んで、
 逆に抑圧されるのを嫌う臓なの。

 「肝」が正常に働いていると、
 情緒が安定して、気持ちが伸びやかになって愉快さが湧いてきて、
 頭がスッキリして、思考が働くのね。

まいちゃん:
 のびのびしたい元気なヤツだから、
 うまく伸びやかにさせていると、快活で陽気な働きをするんですね。
 クラスに一人はいる、
 頭の回転の早い、ひょうきんなムードメーカーって感じですねーw

深澤先生:
 そんな感じねw
 ところが、本来伸びたいところを抑圧されると、
 発散されるべき「肝気」が滞る、つまり「鬱結(うっけつ)」する。

 これが「肝気うっ結証」なのだけど、
 もともと「肝」というのは、暴れ者で活発な臓で、
 「陰・血」に滋養されて、「陽氣」を巡らせる作用があるの。

 つまり「肝」は、
 「陰・血」がやってこないと
「陽氣」を巡らせることができないのね。
 陽氣巡りが留まってしまって鈍くなり、
 悪くなっている状態「鬱結(うっけつ)」というわけ。

 結果、「肝」の伸びやかさが阻害されて、
 鬱々としてしまったり、やる気が出なくなったり、
 体に力が入らなくなってしまうのよ。

まいちゃん:
 陰湿な雰囲気がクラスに蔓延しちゃって、
 ひょうきん者がおどけても笑ってくれる人がいないから、
 何にもできずじとーっとしてる感じですねぇ笑
 クラスが全体的に暗くなっちゃう!

深澤先生:
 あはは。
 それにね、イライラしたり情緒不安になるのも、
 この「肝気うっ結」からやってくるのよ。

 さっきは「肝」が滞ってしまって「陽氣体に巡らなくなってしまったけど、
 今度は、「肝」に必要な「陰・血」が足りなくなって
 「陽氣」抑えきれず活発になりすぎちゃうの。

 すると、行き過ぎた「陽氣」興奮状態を作り出してしまい、
 「イライラ」「不眠」が起こるの。

まいちゃん:
 こっちは、ひょうきん者を止める人がいなくて、
 暴れまわって授業にならない感じですねぇ苦笑

深澤先生:
 そうそう笑
 だから、暴走しがちなひょうきん者を止めるためには、
 「真面目で口うるさい学級委員」みたいな人が適度に必要なように、
 暴れん坊の「肝」の「陽」抑制するには「陰」が必要なのね。

まいちゃん:
 確かに!
 クラスにいろんな人がいて、バランスよく活躍するから、
 学校が楽しく明るくなるってことですね。
 それが「健康」という状態なんでしょうね。

深澤先生:
 その通り!
 さて、今回「陰陽」の話が少し出てきたけど。
 この辺をもう少し詳しく説明させてもらうわね。

まいちゃん:
 はい! 先生!
 お願いします!

「肝」が感情を司る仕組みが、少しずつ明らかにされてきました。

次回は、この「陰陽」から、
もう一段深いお話になりそうです。

では、次回もお楽しみに!