体に流れるものは何?? (「肝気鬱結」編 その4)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、「肝」とそれにまつわる感情のお話をしました。

 前回のお話 心と体は一つなんです(「肝気鬱結」編 その3)

「肝」の働きにより、体の中の氣のバランスが崩れて、
情緒不安定になったり、興奮状態になるとのお話でしたが、
今回は、ここからさらにお話は発展していきます。

さあ、気になる本編はこちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、「肝」が感情を司るというのはわかりました。
 中医学は、なかなか奥が深いですねぇ!

深澤先生:
 「肝」にまつわる「陰」「陽」というお話をちらっとしたのだけれど、
 今回はそこについて、もう少し深く掘り下げたいと思うの。

 まいちゃんは「氣・血・津液」という言葉を聞いたことがあるかしら?

まいちゃん:
 「き・けつ・しんえき??」

深澤先生:
 体の中を流れているものをこのように呼ぶんだけど、

 「氣」は、前に説明した通り体を動かすエネルギー
 「血」は、字の通り血液ね。

 そして最後の「津液」は、それ以外の生理作用のある体液全部
 唾液とか、とかリンパ液とか胃液とかとか尿とか。。。
 とにかく体に流れる、その他の液体のことを「津液」というの

 ちなみに鼻水なんかは「痰飲(たんいん)」と言って、
病気で発生する液体のことになるわ。

まいちゃん:
 へー!
 「津液」は、ざっくり全部なんですねぇ!

深澤先生:
 「津液」のことを「水」という場合もあるわね。

 それぞれの詳しい解説は別にするとして。
 今回の内容に関係の深い部分に絞って説明するわね。

 「肝」には、
 「疏泄(そせつ)」「臓血」が主な役割としてあるの。

疏泄というのは血や氣を流す役割で、
 臓血というのは、血を貯蔵したり、流れを調節する役割なのね。

 前にお話した「陰陽二元論」の考え方、覚えてる?
 「氣」は「陽」で、
 「血」は「陰」というのは、何と無くイメージでわかるかな?

まいちゃん:
 はい! 先生!
 「陽」は、軽くて活発であったかて、
 「陰」は、重さがあって静かで冷たいんですよね。

深澤先生:
 もともと「肝」というのは体の流れのバランスをとる働きがあるのよ。
 「肝」が正常に働くことで、
 「氣」が正常に巡り感情も安定するのね。

 この働き全体のことを「疏泄」というのだけど、
 「肝」は「陰」=「血」貯蔵して
 「陽」=「氣」を流している、つまり疏泄している、ということなの。

 言い換えると、「肝」は「血」を蓄え、
必要な量だけ血を体全身に巡らせるわけだから、

 機能が滞ったら、「肝」の中に汚れた「血」が溜まっていくでしょ?

 これが「肝気うっ結」の仕組みなの。

 さらに滞って汚れた「血」、これを「瘀血(おけつ)」というのだけど、
「肝」の「疏泄」と「臓血」が働かないことで、

 長い間「瘀血」が「肝」に溜まっていくと、
「肝気うっ結血瘀証」という症状になっていくの。

 本来活発なはずの「肝」がだんだんと機能が鈍って
 情緒不安定になっていく、というわけ。

 この汚れて滞った「血」の「陰氣」が体の中で強まって
 鬱々とさせる原因になるのよ。

 ただ、話はここでは終わらないの。

まいちゃん:
 え!?
 まだあるんですか??

深澤先生:
 この話をするためには、
「虚実」という考え方をしっかり理解する必要があるわ。
 ちょっと長くなっちゃったから、次でお話しするわね。

まいちゃん:
 はい!先生、お願いします!

何やら難しい話になってきましたが、
深澤先生、このまま話を進めていくようです。

「虚実」とは、一体どんな考え方なのか!?
次回、続きをお楽しみください!