数学ぽいけど、体の話 (「肝気鬱結」編 その5)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、「肝気うっ結」のざっくりとした解説をしました。

 前回のお話 体に流れるものは何?? (「肝気鬱結」編 その4)

「肝」の機能が「気滞」「瘀血」低下して、
感情に作用する仕組みについて、
内容が徐々に深くなっていきます。

さあ、今回はどんなお話が展開されていくのでしょう?
気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、「肝」が感情を司る、
というのはなんとなくイメージができてきました。

 でも、「陰陽」の仕組みだけでは説明できないって。

深澤先生:
 この話をきちんとするためには、
 さらに「虚実」というお話を追加していく必要があるのよ。

まいちゃん:
 「きょじつ」って、何の状態のことなんですか?
 前の「寒熱」とか、「五行」とは、また別なんでしょうか?

深澤先生:
 「表裏・寒熱・虚実・陰陽」という体の状態を見るやり方を、
 「八綱弁証法」と言ってね、
 「虚実」はその中の1つの分類方法になるの。

 五行とは関わりが深いのだけど、
 少し見方の角度が違ってくるわね。

 「陰陽」「寒熱」「表裏」はこれまでに出てきたから、
 今回は、最後の「虚実」の説明になるわね。

まいちゃん:
 うーん。
 体の状態を説明するのに、
 これまでだけでは足りないんですねぇ。

 それで、虚実っていうのは、どんな状態なんですか??

深澤先生:
 「八綱弁証法」だって、
中医学の中のごくごく1部なのよ笑

 中医学は、やはり医学だから、
 そんなに単純ではないのよ。

 さ、それじゃ「虚実」について、説明するわね。

 これは、どんな状態を表しているか、というと。
 「陰」「陽」の平衡状態を表しているの。

 簡単にいうとね、
 「虚」は、「陰血」「陽氣」が足りなくなっている状態で、
 「実」は、「氣」が過剰になっていたり、滞っている状態、というわけね。

まいちゃん:
 「不足」と、「過剰・滞り」ですか!
 なるほど、足りなくなったら動けなくなるし、
 ありすぎてパンパンになっても、動きにくくなりますね。

深澤先生:
 ねえ、まいちゃん。
 突然だけど、「肝気うっ結」の状態、
 つまり「気滞」が起きている状態というのは、
 「虚」「実」、どっちだと思う?

まいちゃん:
 うーん。。。
 どちらかというと、詰まって動けなくなっちゃっている状態だから、
 「実」という状態の方じゃないですか?

深澤先生:
 ご明察!
 活発で伸びやかにしたい「肝」に、
 「氣」が滞ってパンパンになってしまっている状態なのよね。

まいちゃん:
 そっか。
 「血」滞って「陽氣」流れなくなって、
 「肝」に詰まっちゃってるということか。

深澤先生:
 だから、「陽氣」「肝」過剰に溜まっちゃって
 逆にイライラしてしまう、ということも起きるわけね。

まいちゃん:
 あ! なるほど!
 「陰」である「血」が滞って、憂鬱になるのと、
 「陽」である「氣」が詰まっちゃって、イライラするのと、
 両方起きるってわけですね。

深澤先生:
 まいちゃんに起こってるイライラと、
 新人君たちに起こっているやる気のなさは、
 同じ「肝」のバランスが崩れている状態から起きているというわけね。

まいちゃん:
 そっか! 先生!
 つまり、「肝」を伸ばせばいいわけですね!

 今度から、朝日の下でラジオ体操でもしてみます!

深澤先生:
 あはは。 それは案外いいかもね!

 さて「八綱弁証法」について。
 もう少し補足したいことがあるから、
お話を続けてもいいかしら??

まいちゃん:
 ぜひ、お願いします!

まいちゃんと新人君の「肝」の状態が、
それぞれの感情ややる気まで作り出していた!

次回、最終回では、
深澤先生は「虚実」についてもう少し補足があるようです。

では、次回もお楽しみに