だからパンパンなんです (「肝気鬱結」編 その6)

こんにちは!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、「肝」のうっによって、
五月病の憂鬱イライラの両方が起こる、ということについて、
お話させていただきました。

 前回のお話 数学ぽいけど、体の話 (「肝気鬱結」編 その5)

さて、今回はエピソード3の最終回です。
深澤先生、何やら補足があるようですが、果たして??

気になる本編は、こちらよりご覧ください。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 イライラも、憂鬱も、「肝」のつまりからくるんですね。
 そして先生、補足があるとおっしゃってましたが??

深澤先生:
 以前話した、花粉症で「肝」の「熱」が吹き出す、って話、覚えてる??

まいちゃん:
 はい! もちろん覚えてます。

 確か、「肝」冬の間に「熱」を溜め込んじゃって
 パンパンになったところに、動き出して花粉症になっちゃうっていう。。。
 。。。。あ! もしかして、先生!
 冬の間に溜め込んだ「熱」も、五月病に関係あるんでしょうか?

深澤先生:
 実は関係してたりするのよ。

 「熱」を溜め込む、っていう状態を、もう少し考えてみて。

 「熱」が発散されない状態とはつまり、
 冬の間「肝」が押さえつけられているわけで、
 「肝」「氣」滞ってしまう状態自然と作り出してしまっているの。
 季節的にも体に「気滞」が起こりやすいっていうことね。

 それに加えて、
 「熱」でパンパンに膨れ上がっている「肝」が
 春の伸びやかな季節になって、さあ!動き出そう!としても
 すでに溜めこんでしまった毒素なんかが動きを邪魔してしまう、というわけ。

まいちゃん:
 そっかぁ。。。
 自分たちが頑張って動こうとしても、
 もう「熱」でパンパンだし、「気滞」も起きているから、
 動けなくなっているということですね。 

深澤先生:
 この状態を「実熱証」というのだけど、
 特に現代人に多い症状なのよ。

 今は食べ物にも添加物がたくさん含まれているし、
 空気も水も昔のように綺麗ではないから。

 外側の私たちを取り巻く環境から、
 体の中に毒素のようなものが入り込みやすくなっているの。

 特に冬は、色々と溜め込むでしょ?
 だから、春に動きたくても動けないもどかしさが、
 五月病となって、体に現れるのよね。

まいちゃん:
 花粉症といい、五月病といい、
 結局は体の毒素を「肝」が処理しきれなくって
 起きてしまうんですね。

 それに、お話を聞いていてちょっと思ったんですが。

 最近、イライラしてる人が多いのも、
 もしかしたらこの「肝」の「実熱証」の影響ですか?
 特に電車に乗ってると、
 みんなイライラしてる気がして、ならないんですよ苦笑

深澤先生:
 そうねぇ。
 100%とは言い切れないけど、影響はあるのかもね。

 「肝」が正常に働いていると、
 穏やかで快活、そして頭の回転が早くなる、という状態になるから、
 イライラしていたり、
 疲れ切ってやる気がなかったり、という人が目立つってことは、
 普段の生活の中でストレスが溜まっていたり、
 生活習慣を整えられない環境が増えてきている、ということの反映になっているのかもね。

 やはり、体の滞りは心に出る、ってことね。

まいちゃん:
 人ごとじゃないですねぇ。。。私も気をつけようっと!

今回のエピソード、いかがでしたでしょうか?
体と心は繋がっていて、それは現代の生活習慣の反映でもある。
言い換えれば、日頃からのちょっとした気遣いが、
体と心を整えていく、ということにもつながりますね!

次週は、今回話題になった「虚実」について、
「八綱弁証法」をもとに詳しく解説していきたいと思います。

では、また次週も、お楽しみに!