第2話 どこに隠れているでしょうか??

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、まいちゃんの蚊に刺された症状から、
体の異常に気がついた深澤先生

 前回のお話 夏はモテモテなんです♪ (血熱湿邪編 その1)

まいちゃんの体の異常は、一体なんなのか!

気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 蚊に刺されて腫れるのって、
 すごーく当たり前だと思っているんですが。
 それの何が異常なんですか??

深澤先生:
 そうね。。。 じゃあ、まいちゃん。
 一つ質問するわね!
 蚊は人間に何をしているかしら?

まいちゃん:
 ええっと。。。
 私がなんとなく覚えているのは。

 まず、血を吸いますよね。
 その時、蚊は唾液を出して
 その唾液が痒いんでしたっけ。

深澤先生:
 補足すると、蚊が唾液を出すのは、
 皮膚を刺したときの麻酔のようなものなのね。
 この唾液は、人間にとってはアレルゲンで、
 麻酔の効果が切れるとかゆみが出てくるの。

まいちゃん:
 だとしたら、
 このアレルゲンが体にはいるから
 痒いのは当たり前なんじゃないですか??

深澤先生:
 そのあたりは、全員に起こる反応ね。
 問題なのは、その「かゆみが出ている時間」なのよ。

 私なんかは、15分くらいで収まるわよ。

まいちゃん:
 え!? 私、2~3日痒いですよ!
 しかも次の日、
 急激に、刺されたときよりも痒くなったりします

 ひどいと、どんどんむくみがたまって、
 何か所も刺されてるところなんか、
 腫れて重苦しくなったりしますよ!

 なんでそんなに違うんですか?
 体質!?

深澤先生:
 「体質」って一言で言ってしまうと、
 カンタンに終わっちゃうわねぇ苦笑
 それを解き明かすのが、中医学なんです!

 いい? まいちゃん。
 アレルゲンでかゆくなるってことは、
 アレルギー反応がその場所に起きてるということ。

 私が15分で終わって、
 まいちゃんは2~3日たっても終わらない、ということは、
 私よりもまいちゃんの方が、
 アレルギー反応が出やすくなってしまっている、
 ということになるのよ。

 つまり、私よりも、まいちゃんの方が
 アレルギー反応が起きやすい体質
 なっているという疑いがあるわけ。

まいちゃん:
 体質改善!と思って、
 最近、お酒も辛い物もひかえてたんですが。。。
 そんな一朝一夕には良くならないんですねぇ。。。とほほ。。。

 でも。。。ということは、先生!
 これも中医学で説明できちゃうんですよね??

深澤先生:
 できちゃうんです笑
 中医学の基礎 その4でやった「熱」の症状、覚えているかしら??

まいちゃん:
 えーっと。
 「熱」ってことは、熱いわけですよね?
 風邪ひいたときのとか、イライラの「肝」のとか、
 新人くんの食事の時の暑がりとか。
 「熱」って、とにかく「熱い」が付きまといますよね。

深澤先生:
 この辺は覚えているみたいね。
 蚊に刺されて「腫れる」という状態は、
 腫れたところが当然、を持つわけだから、
 分かりやすく「熱」に関係しているわよね。
 この辺のイメージは大丈夫かな?

まいちゃん:
 ん? そうか!
 「腫れる」>>「熱い」>>「熱」ということですね。

深澤先生:
 そうそう! その通り!
 では、ここで問題です。
 」はどこに溜まっているのでしょうか??

まいちゃん
 うーん。 「皮膚」が腫れるんだから、
 前にお話しした時に出てきた「衛氣」が関係してますよね??

 「衛氣」防御力が効かなくなって、
 皮膚に腫れが出ているのだとしたら、
 皮膚の制御をつかさどっている「肺」とか??

深澤先生
 うーん、惜しい!
 確かに「肺」は無関係じゃないし、
 考え方としてはいいんだけど。

 この問題にはね、
 もっともっと隠れた確信犯がいるのよ。

 それは、「血(けつ)」

まいちゃん
 「血(けつ)!?」
 血に熱がたまっているんですか??

深澤先生
 そう。「血」がアッツアツで、
 熱がどんどん噴き出てきちゃうから、
 腫れが引かないし、治りも悪いのよね。

 もう長くなっちゃったから、
 次はこの辺りのお話を詳しくしていこうかしらね。

まいちゃん
 うー、気になります!

かゆみの原因は「血」に溜まった熱が影響していた!
この「血」の熱から、どんなお話になるのでしょうか??

それでは次回も、どうぞお楽しみに!!