第3話 ホットな話題に事欠きません

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、まいちゃんの異常が「血熱」からきている疑いがある、
というお話でした。

 前回のお話 どこに隠れているでしょうか?? 

ここから深澤流解説術は鋭さを増していきそうです。
気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 前回血(けつ)」にがたまっている
 というお話でしたが、
 なんでそんなことが起きてしまうんですか??

深澤先生:
 じゃ、まず復習からいきましょうか!
 中医学の基礎 その23「営氣」のお話をしたと思うけど、
 「血」というのは、体の中を巡り巡って
 臓腑を栄養する、というのは覚えているかしら??

まいちゃん:
 確か「営氣」は、血管内にとどまるんでしたっけ。
 「血」とは切っても切れないから、「営血」とも書くって。

 「営氣」によって「血」があちこちに運ばれて、
 運ばれた先で変化して、
 身体を栄養する、ということでしたよね?

深澤先生:
 よろしい! ちゃんと覚えているみたいね。

 「血」に「熱」がこもっていることを、
 「血熱」というのだけど、
 この状態になるには、いくつかの原因、
 いくつかのプロセスがあるの。

 その中でも、今回の「蚊に刺されて腫れが引かない」ということに関係する、
 代表的なものを説明するわね。

 まず、「血」「肝」に貯蔵されるというお話をしたの、
 覚えているかしら??

まいちゃん:
 はい。肝気鬱結の時に出てきた
 「肝」は「熱」でパンパン!のお話、ありましたよね??

 「肝」って血液を貯蔵したり、
 「血」の流れを制御したりする役割があるんでしたっけ。

深澤先生:
 そう、つまり「肝」が熱実証でパンパンのところに
 「血」が貯められて、さらにうっ結状態になっているから
 「血」も熱でアッツアツになってしまう、という事になるの。

まいちゃん:
 うーん、熱いところにとどまっていると、
 確かにがそこに蓄えられている「血」にも移って行っちゃいますよね。
 「肝」熱さ「血」に移ってしまった状態が「血熱」なんですね。

深澤先生:
 あくまで原因の1つではあるけどね。
 まいちゃんは「肝」の熱をしっかり取り除かないと
 蚊に刺されても、いつまでも熱が吹き出してしまって
 かゆみがなかなか取れないのよね。

まいちゃん
 そっかぁ
 じゃぁ、もしかして私みたいな熱実証の人間は、
 蚊から見たら、おいしそうに輝いて見えるのかも!?

深澤先生
 その真偽はわからないけど、
 あながち間違っているともいえないわねぇ

 氣は同質のものと惹かれ合うから、
 実証で氣がパンパンに滞っているまいちゃんなんかは、
 蚊から見たらご馳走に見えるのかも笑

 もう1つ、この皮膚のかゆいのに関係している
 「湿」という状態を説明したいのだけれど、
 長くなってしまったから、次にするわね。

まいちゃん:
 はい!先生! またよろしくお願いいたします!

「血熱」という、「血」に熱がこもっている状態
蚊に刺されると、どうなっていくか?ということが
徐々に解き明かされていきます。

次回、この「血熱」に加えて、
ある状態、ある邪気がこの症状に拍車をかけているようですが??

それでは次回もお楽しみに!