第4話 水も滴るイイ女!?

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、「血熱」がどこからきているのか?について、
深澤流に読み解いていきました。

 前回のお話 ホットな話題に事欠きません

ここからさらに、
今の季節に特有のある状態があるようですが??

気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 前回のお話で、
 「血熱」「肝」の熱に吹き出している、というお話でしたが、
 「しつ」って、なんですか??

深澤先生:
 以前、外からやってくる病気の元のことを
 「外邪」というお話をしたことがあると思うのだけど、
 「湿(しつ)」というのはこの外邪の1つなの。

まいちゃん:
 うーん。「湿」ってことは、湿っぽいってことですよね??
 湿り気は、お肌にいいような気がするんですが。

深澤先生:
 適度な潤いや湿度は、もちろんお肌にいいわよ。
 でも、その「適度さ」をオーバーしてバランスが崩れてしまっている状態は、
 やはり「邪」になるの。

 冬の湿り気はとってもありがたいけど、
 夏の湿り気、特に梅雨時期から今ぐらいの湿り気って、
 やはりあまり気持ちよくないじゃない??

まいちゃん:
 言われてみれば、確かにあんまり気持ちはよくないですよねー
 暑くて汗が出てるところに、湿気がひどかったら、
 お洋服はまとわりついて鬱陶しいし、お洗濯物も乾きにくいし、
 何より食べ物がどんどんカビたり腐っていくして、
 なんとなく鬱陶しいです。

深澤先生:
 まいちゃん、最初に
 「たくさん刺されたところは、重く腫れる」って言っていたわよね?

 皮膚がぱっつんぱっつんになって、が出たりしない??

まいちゃん:
 そう! そうなんです!
 ちょっと汚い話なんですが、
 血と膿が刺されたところからジュワーっと出て
 その部分が赤く腫れてパンパンに重いんです。
 特に、足首なんか刺されたら・・・・!!

深澤先生:
 刺された患部が「赤く腫れる」のが、「熱証」
 「刺されたところから血が出る」っていうのが「血熱」
 加えて「膿が出る」っていうのは、「熱毒」による影響になるのよ。
そして最後に「ジュクジュクで重く腫れる
っていうのが「湿邪」ね。

 さらにまいちゃん、「肝」がうっ結してるから
 症状がますますひどくなるわよねぇ。 
 あまり頭もスキッとしないんじゃない??

まいちゃん:
 確かに今の時期、かなり湿り気で気分が乗らないです。
 言われてみれば、なんとなく鬱々としやすいかも。

深澤先生:
 特にまいちゃんの場合はね、
 外邪内邪「湿」による影響が出ているのよ。

まいちゃん:
 え!? 「湿」って外邪だけじゃないんですか??

深澤先生:
 「湿」はね、春の長雨や梅雨の時期など気候的なものや、
 あとはプールや土砂降りなどで体が必要以上に水に濡れたなど、
 外からやってくる「外湿」と、
 体の中の水分代謝がうまく進まなくて、
 水分が必要以上に残ってしまっている「内湿」の2つに分けられるの。

 水分代謝のお話、覚えているかしら??

まいちゃん:
 確か、が司っているというのは覚えています。
 詳しくは。。。。あんまりよく覚えていませんけど(てへべろ)

深澤先生:
 OK! 十分よ!
 水分代謝がうまく進まないっていうことは、
 その臓腑のバランスが崩れているということ。

 例えば、梅雨で外湿が体の中に侵入してきた時を考えてみましょう。

 「湿」というのは、陰陽で言ったら、どっちだと思う??

まいちゃん:
 「陽」って、形がなくて軽くて上にがりますよね?
 「陰」って、形があって重さがあって下に下がる。。。

。。。ということは、「湿」は水っぽいから「陰」ですか??

深澤先生:
 ご明察! 「湿」という邪気は「陰」の性質を持っているのね。
 で、この「陰」が体の中に滞ったり侵入したら
 体はどんな状態になると思う??

まいちゃん:
 うーん。。。 「陰」が増えるから。。。
 体が湿っぽくなる? かな??

深澤先生:
 あはは。これは少し難しかったかな。

 大きくはそれで当たりなのだけど、
 体が湿っぽくなったらどうなるのか?ということを、
 この「湿」の性質、そして今のまいちゃんの体の状態を加味して考えると。。。
 。。。実に様々なことがわかるのよ。

 少し長くなっちゃったから、次回にしましょうね!

まいちゃん:
 えー!? すっごい気になります!!

「湿」という邪気が、体の中に入ることによって、
臓腑がバランスを崩し、機能が阻害されてしまう、という事実を知ったまいちゃん。
さらにお話は、ここから「陰陽二元論」を通して、
深い見立てをしていくことになりそうです。

それでは、次回もお楽しみに!