第5話 相性は良いもの同士が惹かれます

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、「血」の熱と毒、そして「湿邪」について、
解説していきました。

 前回のお話 水も滴るイイ女!?

話題は、お馴染みの「二元論」になっていきそうですが。
気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

深澤先生:
 さて、前回の続きだけど。

 以前、中医学の基礎「陰陽二元論」でお話した時に、
 体の中の「陰」があまりに増えると、
 陰陽のバランスを崩しやすい人は影響を受けてしまい、
 身体の陰陽失調を起こしてしまう、という話をしたのを覚えているかしら?

まいちゃん:
 確か「陽」が害されて「虚」になる状態の時に、
 そんな説明だったのを覚えています!

深澤先生:
 「湿」である「陰」体の中に入り込んで
 「陽」を害してしまうと、「陽」が強い臓腑はダメージを受けやすいのよ。
 特に(そう)を喜(この)み、湿(にく)む」といわれるように、
 「脾」「湿」が大の苦手なの。

 まいちゃんみたいに「内湿」を持っている体質の人は、
 「脾」の疎泄が弱っている場合が多いし、
 今の時期は「外湿」も多く、体内に外邪を呼び込みやすい

 つまり、ただでさえ動きの鈍いところに、苦手な「陰氣」が入ってくるから、
 「脾」がくたびれちゃって、ますます水分代謝が鈍るというわけ。

まいちゃん:
 でも、それがなぜ腫れの治りにくさになってしまうんですか??
 水分代謝が鈍るのはわかるんですけど、
 「陰」が増えるなら、腫れが引きそうに思うんですけど。。。

深澤先生:
 お! いい質問ね!
 じゃ、視点を変えてみましょう。

 肌肉を守っている「氣」「衛氣」だけど、
 これは「陰」「陽」どちらの性質を持っていると思う??

まいちゃん:
 ええと、外側をブロックしてて、
 目に見えないから「陽」の性質を持ってますよね!

深澤先生:
 そう、正解!

 じゃ、体の中が湿っぽいところに、さらに外から湿気が入って
 体の中の「陽」を害してしまうとしたら。

 「衛氣」は「陽」の性質を持っているでしょ?
 この「衛氣」「陰」の氣にやっつけられて
 激しく傷ついたとしたら、どうかしら??

まいちゃん:
 あ! そういうことか!

深澤先生:
 なんとなく気づいたかしらね。

 今の時期、」のバランスが悪く
 体の中にある「内湿」をたくさん体に溜め込んでいる人は、
 梅雨などの「外湿」を呼び込んで
 「陽氣」である「衛氣」を害しやすくなるの。

 似たような性質のものは惹かれ合いますからね。
 「陰陽二元論」で言えば、
 「陰」「陽」をやっつけちゃって、
 「陽」が足りなくなっちゃてるのよね。

まいちゃん:
 ということは、つまり。。。
 私は、体の中が湿ってて、外邪である外湿が寄って来やすい体質で、
 その湿気達が私の体の外側を守ってくれる「衛氣」を壊しちゃってる

深澤先生:
 そうそう。
 しかも、「衛氣」が弱ったら、
 体の「固摂」、つまり体液が漏れ出す機能が弱くなるから。。。

まいちゃん:
 ただでさえガードが弱くなっているところに、
 蚊に刺された傷と腫れが重なるわけですよね。

 ええと、まとめると。

 まず肝が熱でパンパンなせいで、
 血に熱が吹き出しちゃってる
 さらにアレルゲンである毒が体に入り込んでいるのに、
 「肝」はパンパンで動きが鈍くなってる
 毒素や血熱は体を巡るけど
 肝臓が処理しきれないから毒の減りも遅いわけですよね。

 血もパンパン毒素もパンパンのところに、
 「衛氣」が弱ってるから、肌肉を正常に保てなくて、
 いつまでも刺された傷でできた腫れが引かなかったり
 血や膿が止まらなかったりする。

 さらに「湿」が水分代謝を鈍らせているから、
 腫れやむくみが外に出せなくって、
 いつまでも解消されないから、重苦しくなってしまっている、
 という感じなんですかね??

深澤先生:
 今日は一段と鋭いわねえ!
 まいちゃんの場合は、だいたいそんな感じね。

 蚊に刺された時の症状を聞くだけで、
 ここまで体のことがわかるのが中医学なのよ。

まいちゃん:
 先生、私たちのたった一言の中に、
 実はものすご〜く、いろんなことを見ているんですねぇ!

深澤先生:
 中医学は歴史も深いですからねw
 そしてこのまいちゃんみたいな状態について、
 もう少し説明したいのだけど、イイかしら??

まいちゃん:
 まだまだ、お話聞かせてください!

やはり基本は「陰陽二元論」だった!
この「陰陽二元論」でまず見立てを解読することによって、
さらに細かい症状を分析しながら見極めていく、というお話でした。

次回、このまいちゃんの虫刺されの症状が、
ある有名な病気に関連しているというのですが。。。
深澤先生、どんな解説をしてくださるのでしょう??

それでは次回もお楽しみに!