第6話 衛りきれずに陥落します

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、「陰陽二元論」から、
どのように体に「湿」が引き込まれ
それがどんな影響を及ぼすのか、について詳しく解説していきました。

 前回のお話 相性は良いもの同士が惹かれます

解説が終わったと思いきや!?
ここからさらにある現代病のお話になっていきます。

気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! 前回の続きということですが、
 「衛氣」「湿」「脾」には、
 ひとことでは言い表せない関係があって、
 私の虫刺されの問題だけではない、ということですよね??

深澤先生:
 ざっくり、そうね。
 そしてこの症状は、
 現代病とも言われる、ある病気にとても似ているの。
 それは。。。

まいちゃん:
 それは。。。!?

深澤先生:
 アトピーね。

まいちゃん:
 言われてみれば!!

 赤く腫れて熱があって
 皮膚が破れて血が出た
 ジュクジュク膿が後から乾いて、かさぶたになったり。

 学生時代の友人にアトピーの子がいたんですけど、
 梅雨の季節から夏にかけては、毎年、辛そうでした。
 暑くなると痒くなるー!って。

深澤先生:
 そうよねぇ。
 衛氣が弱っているから。
 そもそも体の防御力が低くなっているところに、
 「血熱」などの熱証を持っているせいで、
 体内にを呼び込んでしまうもの。

 腫れて熱を持っているところは、
 夏の熱の邪である「熱邪」が増えるから、ますます熱くなる。

 さらに梅雨の時期の「湿邪」
 既に体の中に入り込んでしまっているから、
 体の「内湿」が増え「脾」の疎泄が低下している。
 脾」「湿」が、大の苦手な臓腑ですからね。

 それに肌肉も損傷しているだろうから、
 脾の疎泄が弱っている上に、汗腺の機能が鈍ってるでしょ。

 「血熱」の原因となる「肝」の「熱」もあって、
 どんどん熱が体に蓄積していく。

 すると既に腫れて熱を持っているところが
 ますます熱を持って、痛みやかゆみが増していく、
 というループになるわね。

まいちゃん:
 きいているだけで、辛そうです。。。

深澤先生:
 アトピーにも種類があるのだけど、
 「熱邪」「湿邪」に対して反応するアトピーの症状は、
 まいちゃんの虫刺され状態にとてもよく似ているわ。

 そんなアトピーは、耳の付け根髪の毛の生え際
 首筋関節の内側背中なんかに出やすいんだけど、
 症状が出ているところは脾や肝系の経絡
 つまりその臓腑がSOSを出している場所に関係しているポイントになるわね。

まいちゃん:
 ってことは、先生!
 私、もしかしたらアトピーになってたかもしれないんですか??

深澤先生:
 「熱」「湿」が今以上にひどくなったら、
 症状が出てたかもしれないわねぇ。
 既に肝気鬱で、まいちゃんの場合は肝がパンパンだもの。

 梅雨で「脾」の機能が鈍ったら、
 がますます逃げなくなって、肌肉から出てたかもしれないわね。
 大人になってからアトピー発症する人もいますからね!

 そうなる前に、針や漢方薬で邪気を出しておいたほうが、
 治療も体のメンテナンスもだいぶ楽なのよ。

まいちゃん:
 そうですよねぇ。。。
 危ないところでしたが、私もそうなってたかもしれないって思うと。。。
 蚊に刺されてかゆい!って騒いでる場合じゃないですね。。。

深澤先生:
 体は、日常の中でサインを出していますからね。
 いつも口すっぱくいってるように、
 そのサインが「当たり前」と思ってスルーしてしまうと、
 私たち治療家には何も情報が伝わらないから、
 正確な治療を施しにくいのよ。

 まいちゃんみたいに、
 日頃から雑談をしたりコミュニケーションすることで、
 信頼関係も築けるし、治療も素早く適切にできますからね!

まいちゃん:
 先生〜〜〜〜!!
 自分の話って、思った以上に大切だってわかりました〜〜苦笑

 これからもよろしくお願いします!!

「蚊に刺される」という、一見ありきたりな症状から、
ここまで体のことが読み解ける中医学

1つの症状を細かく見ていくことにより、
問診としての質問も鋭さが増し、それが根治を早める結果ともなる。
小さなことも見逃さないという姿勢こそが、
中医学における最も重要な在り方ということですね!

それでは今週も、お付き合いくださりありがとうございました。
来週もお楽しみに!