中医学の基礎 その13 「実証」とその症状

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、八綱弁証法の一つ「虚証」について少し触れさせていただきました。

 前回のお話 中医学の基礎 その12 「虚証」とその症状

今回は、前回の「虚証」を踏まえつつ
「邪気」が増えすぎてしまっている「実証」について
解説していきたいと思います。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

「実証」は、「素問」からの引用で「邪気盛すれば即ち実とあるように、
体の中の「邪気」増えすぎてしまっている状態(太過:たいか)のことを指します。

この太過には、以下の3種類があります。
邪気の侵入
気血津液の停滞
③ 臓腑の陰氣陽氣平衡状態が損なわれ、どちらかが過剰になっている状態

実証の場合、体にはどのような症状が現れるのでしょう。
下の一覧をご覧ください。

イライラする
言葉が多い
落ち着きがない
締め付けを嫌がる
胸が苦しい
タンが詰まる
呼吸が粗い
下痢と便秘を繰り返す
意識がぼーっと飛びやすい

部位により症状の出方は変わりますが、
「邪気」が体に留まり、パンパンに「詰まっている=実という
イメージが、なんとなく伝わったでしょうか?

日々、患者さんと接していると、
「虚証」よりもこちらの「実証」の方がとても多いように感じます。

理由として、様々な要因が考えられます。

例えば大気汚染水質汚染など、化学物質の影響に始まり、
季節を感じない快適な住環境や、
夏寒く、冬熱いなどの季節とは逆の生活環境

ここ50年で一気に豪華で便利になった食環境
さらにPCやスマホ、新幹線や飛行機などに溢れる多大な電磁波など、
外からの要因を考えただけでもキリがありません。

加えて効率重視のストレスフルな労働環境
様々なハラスメント通勤・通学環境
SNSやインターネットによる情報過多も含め、
ありとあらゆる「邪」が、私たちの体に影響しています。

現代の便利さや快適さが悪いのではありません。
それらに気づかず、取り込みすぎてしまうことによって、
知らずに体が順応する程度を超えてしまい、
様々な病に侵されてしまうことが問題なのです。

「実証」が多いとは、
つまりそれらを「パンパンに溜め込んでしまう」こと。
行き過ぎややりすぎに気がつかずに、私たちは生活しているのです。

ですから、少しでも体の変調に気がつけるよう、
日頃のケアやチェックが大切なのです。

それでは、次回は「虚証」「実証」の関連性についてお話したいと思います。

<続く>