中医学の基礎 その15 「寒熱」と「虚実」

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、」の関係性について軽くお話させていただきました。

 前回のお話 中医学の基礎 その14 「虚」と「実」の関係性

さて今回は、
4月の第2週で軽く触れた「寒熱」を合わせて、

少しお話を膨らませていきたいと思います。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

八綱弁証法の「」と「は、
組み合わせで見ていきます。

2×2=4通りの状態に分類されるのですが、
それぞれの症状を以下にまとめてみました。

(1) で「虚寒証」(陽氣不足

氣が足りなくなって、
体温を保てなくなってしまったために起こる症状。

元気が無く寒がり体の冷えが続きます。
やたらと着込み夏でも暖かい物を欲しがります。

(2)で「証」(陰氣不足

陰血陰液減り
足りなくなったところに陽氣が張り出すために起こる症状。

手足顔の火照りやのぼせ口の渇きじわっと汗をかくなど。
厚着や体を締め付ける服を着たがりますが、急に暑がり汗をかいて水分を取りたがります。

(3)で「証」(陰氣過剰

風邪や、冷たい食べ物の取りすぎ
体の冷やしすぎなどで体温が保てなくなっている症状

熱があるのに悪寒がする、体が萎縮してしまって動かせない、など。
体感として強い冷えがあり、温めても暖かさを感じないことがあります。

(4)で「実熱証」(陽氣過剰

「氣」が過剰になりすぎて、体に熱がこもってしまっている症状。
神経が高ぶりイライラしたり、暑がり全身が熱っぽく顔全体が赤くなる、など。
締めつけを嫌い冬でも冷たい物を摂りたがります。

前回のブログでもお話しましたが、
最近の患者さんは「実証」で、かつ「熱証」が多いように思います。

特に「実熱証」が進むと、
体の中の氣が損なわれてしまい、「虚」の状態を作り出していきます。

実際には「実証」なのに、やたらと寒がりだったり、
夏でも着込んだりする人が多いのは、

この「実熱証」が進んで
表面的には「虚証」が出てしまっているという状態です。

本当は、「実熱証」「熱」を体から取り除かなければいけないのに、
症状としては「虚証」が出てしまい、体の機能が低下するために
表面的な症状は「熱証」では無く「寒証」が起きてしまうのです。

そうなると、体の中は「熱証」なのに、
やたらとサウナに行きたがったり

体を温める食べ物をどんどんと摂ってしまっている、というケースをよく見かけます。

情報がしっかりと治療家に届かず、
今起きている症状だけが伝わってしまうことで、
真に治療すべき状態が隠れてしまい
表面的な治療を行なってしまうことで
根治まで至らないという事態を避けるために。

患者さんと治療家との信頼関係や連携は、
病の根治に向けてとても大切な要素なのです。

では、来週もお楽しみに!

<終わり>