第2話 快適が万事良いとは限りません

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、まいちゃんの食生活から何かを読み解いた深澤先生。

 前回のお話 第1話 夏の味覚と体型と

体調と季節とハロハロと。
組み合わせから何が読み解けたようですが??

気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生、下痢しちゃってるのに痩せないって、
 どんな問題が含まれているんでしょうか??

深澤先生:
 一言付け加えておくと、
 普通、下痢って痩せるんですけどね苦笑
 すべては、夏の間の生活の蓄積から来ているのよ。

まいちゃん:
 ハロハロだけじゃない、っていうことですよね?
 カロリーオーバー!?

深澤先生:
 あはは、それもあるでしょうけど。

 まずは季節からくる原因からね。
 最近、涼しくなって雨も増えてきたと思わない??

まいちゃん:
 オフィスにいるとわからないこともあるんですが、
 外に出ると、オフィスと気温は大して変わらない感じがしますねぇ。
 ようやく過ごしやすくなったというか。

 むしろ、オフィスが寒くて
 まき毛布は相変わらず欠かせないというか。
 カーディガンとまき毛布は、
 女子の夏の必須アイテムですよ。

 ホント、オフィスって季節感ないから、
 感覚鈍っちゃいますよねぇ

深澤先生:
 快適すぎるのも考えものね。

まいちゃん:
 それにいつの間にか雨が降ってて、夜には止んでることもありますね。
 帰り際の湿気がすごい!っていう日はよくあります。

 あ! そうか!
 これって、この間でてきた「湿邪」ってやつですね!

深澤先生:
 お!よくわかったわね!
 この「湿邪」っていうのは、
 夏から秋にかけての季節の変わり目の時期に受けやすい邪気なの。

 夏の終わりのこの時期は、特に「暑邪」といって、
 湿同時に体に影響を及ぼしてくるのよ。

まいちゃん:
 暑いのも一緒に入ってきているってことですね。
 でも涼しくなってくるから、あんまり「熱」って感じはしないですねぇ

深澤先生:
 それは私たちが
 夏の暑さに体が慣れてしまっているからなのよ。

 この季節は「涼しくなってきた」と勘違いしやすいけど、
 気温は25度を超えている日も多いじゃない?
 体にとっては、まだまだ暑い環境ではあるわね。

 さらに、空調が良いせいで、も出にくくなってしまう。
 そうなってくると、
 体には「熱」がたまりやすくなってしまいがちよね。

まいちゃん:
 涼しくなってきたからって、油断は禁物なんですね。
 いつも快適なところにいるから、
 体が勘違いしちゃってるのか。。。

 確かに、朝夕は涼しい感じがしますが、
 油断してエアコンつけないで寝ると、
 次の日の朝は汗だくで、
 喉からっからな時がありますね。へへへ。。。

深澤先生:
 ダメじゃないの苦笑 ちゃんとケアしてくださいな。
 それに加えて特徴的な「雨」という「湿」もそうなんだけど。
 「湿邪」って、雨から来ているだけのものではないのよ。

まいちゃん:
 え? 雨で湿気が多いから、
 それが体に影響しているんじゃないんですか?

深澤先生:
 もちろんそれもあるのだけど、
 まいちゃんの場合は、さらに「ハロハロ」の影響もあるわ。
 あれ、「水分」で「冷たい」でしょ?

まいちゃん:
 え!? 食べ物でも「湿」って入ってくるんですか!
 確かに、ハロハロは冷たいし、氷の塊です。
 ついつい食べ過ぎちゃってましたけど苦笑

深澤先生:
 自覚があるならよろしい!
 この「湿」まいちゃんに悪さをしている可能性は大きいわね。
 そしてまいちゃん、
 「冷たい」「湿ってる」・・・これを聞いて、何か思い当たる節はないかしら?

まいちゃん:
 う〜〜ん。。。 「冷たい」「湿ってる」
 …あ! 「陰」の特徴

深澤先生:
 そう! ハロハロは「陰」が極度に強い食べ物なのよ。
 しかも、体の中にダイレクトに入れるでしょ?
 外からやってくる雨なんかよりも、よっぽど影響力があるのよね。

まいちゃん:
 そうかぁ ハロハロ。。。美味しいんだけどなぁ。。。
 冷たくて湿ってますもんね。
 食べ過ぎは、体の中に「陰」を大量に取り込むことになりますね。

深澤先生:
 特に「陰」が多い食べ物は、夏に摂りがちなのよ。
 例えば、冷たい飲み物なんかは、夏の暑い時によく飲むでしょ?

 本来の役割からいえば、
 夏の「熱邪」、つまり陽邪陽性冷ますために、
 冷たいものを摂るんだけど、
 オフィスみたいに汗もさほどかかない
 冷房がガンガンに効いている部屋
 冷たい飲み物ばかり飲んでいたら、
 体に過剰な「陰」ががどんどん蓄積していくことになるわ。

 「陰」が多いと体は冷えるし、
 身体の陽氣を損なうし、で、
 結果、体の流れを滞らせるから
 「気滞」「痰飲」も起きやすくなるわね。

 健康な人は大丈夫なんだけど、
 不摂生で身体の健康を損ねかけている人は、
 過剰な「陰」の取りすぎに耐えられなくて、
 体がますます滞ってしまうわ。

まいちゃん:
 ランチで外に出ると、
 ご飯食べた後だし、なんとなく暑いから、
 つい帰りに冷たいもの買っちゃうんですよね。。。

 ってことはですよ、先生。
 体がホクホクだからと言って、
 むやみやたらに冷やしちゃダメってことですか?

深澤先生:
 そういうこと苦笑
 どこがホクホクなのか?どうしてホクホクなのか?
 そして何より、どうやって取り除いたら良いのか?も大切なの。

 いくらホクホクだからと言って、
 湿ってるところに、更に湿り気を入れたら
 体が過剰に湿っちゃうでしょ?

 「陰」だから全ていいか?というと、
 その限りではないということよね。

 まいちゃん、どうせ「体ホクホクだから!」って、
 この夏は冷たいものばっかり
 食べたり飲んだりしてたんじゃないの??

まいちゃん:
 う。。。そ、それは。。。
 確かに、そうめんとか冷やし中華とか、冷たいビールとか。
 あと、アイスキャンディージェラートに。。。

深澤先生:
 どれも「陰」「湿」が多い食べ物になるわねぇ。
 つまり、夏の間の偏りや過剰摂取の蓄積が、
 今の状態を作っているのよ。

まいちゃん:
 そうかぁ。。。 食べ物って、とっても大事なんですね。
 もう少し気にしていかないとですね。

深澤先生:
 じゃ、お話ついでに、五臓六腑のと邪について、
 まいちゃんの症状も見ながら、もうちょっと説明していこうかしら?

まいちゃんの体の中に過剰にある「湿」が、
どうやら悪さをしていたようです。

次回はここから、さらに五臓六腑のと邪の関係について
お話が広がっていきそうです。

それでは、次回もお楽しみに!