第3話 仲良し同士は引き合います

おはようございます!
博厚堂はり治療院鍼灸院の深澤です。

前回は、夏の終わりの季節には、
夏の間に貯めた「陰」が悪さを働く可能性がある、というお話でした。

 前回のお話 第2話 快適が万事良いとは限りません

さて今回は、ここから五臓六腑のと邪の働きについて、
お話が深まるようです。

それでは、気になる本編はこちらからご覧ください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 深澤先生、夏の間に「湿」がたまりやすいっていうのはよくわかりました。
 外は暑いから、
 ついつい冷たいもの取りすぎちゃいますもんね苦笑

深澤先生:
 健康な人は、バンバン摂っても大丈夫なのよ。
 ただね、体や環境のことも考えずに、
 調子に乗って過剰に摂ってしまっていると、
 どんなに健康でもバランスを崩してしまうし、
 それが体調に影響をしてくるということなのよ。
 
まいちゃん:
 やっぱり摂りすぎは、
 なんでもダメなんですねぇ。ははは。
 で、五臓六腑とって、
 私の下痢と何か関係があるっていうことですか?

深澤先生:
 もちろん! 今回はその続きからお話ししましょうね。

 まいちゃん、
 前回の「熱中症」の時も、お腹を下していたけど、
 前回と今回、どんな違いがあるかわかる??

まいちゃん:
 そうですねぇ。。。 
 前回は、朝方、急に差込みが来る感じでしたが、
 今回は、お茶飲んだり、ご飯食べた後にやってきますね。
 それに、冷たいものでなくても来る時があります。

 あ、そうだ。
 お腹空かないし、「うぷ!」って感じなんですけど、
 ご飯はちゃんと食べれるんですよね。
 食べている時も、美味しいし。

 だけど、お昼が終わってしばらくすると、
 じわっと耐え難いお腹の痛みがきて、
 トイレに何回か行くこともあります。

深澤先生:
 なるほどねぇ 
 実はね、「湿」どこにたまっているかで、
 それぞれ症状が違うのよ。

 例えばまいちゃんの場合、
 疑わしいのは「脾」になるわ。

まいちゃん:
 「脾」、ですか?
 ええと、確か。 水穀の精微に送って
 栄養の消化と吸収と、水分代謝と・・・あれ??

深澤先生:
 あはは。すぐに全部を覚えるのは、
 流石に難しいわよね。

 これまでに出てきた「脾」の主な役割は、「運化」「昇清」

 「運化」は水穀の精微や水湿を吸収して
  全身に運んだり栄養に変えたりする役割。
 「昇清」というのは、
  水穀の精微を肺に登らせる役割。

 他にも「生血」「統血」など
 血を作ったり管理したりの役割もあるのだけど、
 詳細はまた、お話しする機会が来たときにしましょうね。
  
まいちゃん:
 こうやってみると、
 「脾」って色々な役割を担っているんですね。
 それで、どうして「脾」「湿」がたまっているって
 わかっちゃうんですか??

深澤先生:
 「脾」というのは、
 湿を憎み、を好む」のよ。
 つまり、湿っぽいのは苦手な臓腑なの。
 役割の1つに「水湿の運化」というのがあるでしょ?

 例えば、水路に適切な水が流れていたら、
 特に気にならないけど、
 ゲリラ豪雨なんかで、急激に水が増えたらどうなる??

まいちゃん:
 う〜ん、配管から水が溢れて道路に出ちゃいます。

深澤先生:
 それが、今回のまいちゃんの「下痢」というわけ。
 さらに「陰」と合わさっているから、効果も倍増なのよね。

 「脾」「水湿」がたまってくると、
 水路が溢れちゃって、
 身体の中に水分をキープできなくなってしまうのよね。

 しかも、「陰」の冷たいものが大量に入ってくるから、
 「脾」がすでに滞ってしまっている。

 水路の働きが鈍っているところに、
 大量の「水湿」が入ってきたら、決壊するわよね苦笑

まいちゃん:
 そうかぁ。。。 
 だいぶ体に負担をかけていたんですね、私。

 そもそも水分が多いところに、
 水分を大量に入れているから、
 量が多くなりすぎて、
 体が吸収切れなくなるから、
 お腹が降ってしまう。。。

 だから、食後のお茶を飲むと、
 お腹降っちゃってたんですねー

深澤先生:
 そういうことになるわね。
 しかもこの季節、が増えてくるでしょう?
 外の環境では「外邪」である「湿」も増えてくる。

 前にもお話ししたことがあると思うけど、
 「同じものは引き合う」から
 「脾」という臓器に「湿」がすでに入り込んでいることで、
 外邪である「暑邪」「湿」
 さらに入り込みやすくなってしまうの。

まいちゃん:
 うう、確かに。 
 この季節になると、汗もほとんどかかないし。
 身体の中の「湿」は増え続ける一方ですね。。。

深澤先生:
 まいちゃんが、
 食欲なくて「うぷ!」ってなるのに、
 ご飯が食べれるのは、
 「胃」はちゃんと機能しているけど、
 「脾」が滞ってしまっていて、
 身体の中の「運化」が正常に働いていない、ということになる。

 本来「陽」の割合が多い「脾」なのだけど、
 そこに「陰」である「湿」や冷たいもの
 つまり「寒」が大量に入り込むことで、
 「脾」の滞りが出てしまう。

 すると、胃」が大丈夫でも、
 その先の「消化」「運化」の部分が滞って、
 身体の中の栄養の流れが悪くなる
 
まいちゃん:
 ということは、食べているのに
 体に栄養が届きにくくなってるってことですか?

深澤先生:
 ご明察ね! 
 つまり、体全体の滞り栄養不足
 起こっている可能性があるってこと。
 
 「脾」が滞るから、
 食べ物が運化されずに、あまり食べることができない。
 全体的に、栄養不足、つまり、氣血津液の不足にもなっている。
 すると、身体の力が入らなくなるわよねぇ。

まいちゃん:
 そうか! 
 最近やる気が出ないのも、もしかしたらそれのせい?

深澤先生:
 原因の1つになっていると思うわ。
 そして、まいちゃんの状態を、
 「夏バテ」ともいうわね。
 夏バテって、夏の間よりも、
 夏が終わる頃や終わった後に出る症状ですからね。

 さらに「脾」だけではなく、「腎」「肺」
 場合によっては「肝」も影響している可能性があるの。

まいちゃん:
 え!? 「脾」だけじゃないんですか!!

深澤先生:
 そうね。少し長くなっちゃったから、続きは次回にしましょうね。

まいちゃんの下痢の原因は、「脾」にあった!?
さらにここから「肝」「腎」のお話になりそうですが。。。
次回、深澤流解説が鋭さを増していきます。

それでは、次回もお楽しみに!