第5話 燃料切れにご注意を!

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、まいちゃんのうっすらお肉の原因が、
「脾」「腎」の鈍化によるものだということを解説致しました。

 前回のお話 第4話 流れが生み出す悪循環

今回は、さらに「腎氣」からお話が進んでいくようです。

気になる本編は、こちらからどうぞ!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

深澤先生:
 今回は、「腎陽」についてお話ししていきたいと思います笑
 まず「腎」というのは、
 大切な生命エネルギーである「精」を主っているわ。

まいちゃん:
 待ってました!
 確か「精氣」を貯めて、燃やすんでしたっけ?

深澤先生:
 そう!「腎」というのは、
 まず「精氣」を蓄えているの。
 「先天の精」「後天の精」というのを覚えているかしら?

まいちゃん:
 確か「後天の精」は、「水穀の精微」から作られるんですよね?

深澤先生:
 「水穀の精微」は、身体の栄養であり、
 「精」の源であり、「氣」の原料でもあるの。

 「脾」から「肺」に届けられて、
 「腎精」「肺氣」と合わさって、
 「氣」「血」になったりするわね。
 
 そしてこの「精氣」を生命エネルギーの源として、
 私たちは活動しているのよ。

 「精氣」は、そもそも
 「脾」から「水穀の精微」がやってくることで生成されるの。

 でも「脾」が鈍ると、
 「水穀の精微」そのものがやってこなくなる。

まいちゃん:
 そうか! 
 つまり「脾」が鈍ると、「精氣」の供給も鈍ってしまって、
 身体全体の活動が鈍っちゃう、ってことですよね?

深澤先生:
 そうなるわね。
 さらに「腎」に限らずすべての臓腑は、
 「陰氣」だけではなく「陽氣」も宿しているの。
 そしてこの「腎」の「陽氣」
 つまり「腎陽」があることによって、
 身体の「精氣」が燃やされて生命エネルギーとなるのよ。
 
 ところがここでも、
 「湿」、つまり「陰」が増える
 大元の不足して「陽」を傷つけてしまって、
 さらに活動が鈍ってしまう。

 体に力が入らない、っていうのは、
 この「腎陽」不足している可能性があるのよね。

まいちゃん:
 やる気が出なかったり、
 お腹に力が入らないっていうのは、
 そういうことなんですねぇ!

深澤先生:
 さらに夏は、「肺」がたまりやすい季節
 「肺」の中にも「陰氣」「陽氣」があるのだけど、
 は特に肺に「熱」
 つまり「陽邪」がたまりやすくなるのよね。

 すると「肺」の中の「陰氣」少なくなって
 肺が乾いてしまう。

 「脾」「腎」冷たい「湿」で鈍っているのに、
 肺」アツアツで乾いているから、喉が乾く。
 すると、ますます冷たいものを飲みたくなるわよね。

まいちゃん:
 そういえば私みたいに、腰まき毛布してても
 冷たい飲み物ばかり飲んでいる人、いますね。
 前に「寒くないの?」って聞いたら、
 「美味しいよ?」って返されました苦笑
 
 あれは、がこもっている可能性もあるってことですね。

深澤先生:
 あり得るわね。 
 室内は冷房冷えているのに、身体のは放出されないから。

 そういう人は、「胃」やら「肝」やら「肺」やら、
 体のどこかにを持っているのだけど、
 腰は冷えてる
 つまり「腎」は冷え冷えになっていることが多いのよね。

まいちゃん:
 どこにを持ってて、どこが冷えているかによっても、
 だいぶ変わってくるということですね。 

深澤先生:
 さらにね。
 「肺氣」のような陽邪に侵食されると、
 肺の機能が「実証」になって滞るから、
 肺で作られる「氣」「血」は不足していくわよね。

 すると今度は「衛氣」
 つまり身体の防御力衰えてしまい、
 体に水分が留められなくなって、がじわりと出るの。
 には「氣」も含まれるから、
 汗が出れば出るほど体から「氣」が漏れてしまう

 そしてさらに。
 たり」という言葉があってね。
 汗が出ることで、「心」に行くはずの「陰氣」が不足してしまう。

 というわけで、パワー不足でバテてしまう
 気がつけば身体の「氣」不足している状態になってしまっているというわけ。

 寝汗をよく掻くタイプには、この手の夏バテが多いわね。

まいちゃん:
 夏バテにも、いろんなタイプがいるんですねぇ

深澤先生:
 そうなのよ。
 そもそも夏の間にどんなことをしてきたか、や、
 もともとの体質から、出てくる症状は変わってくるのよね。

 さらにまいちゃんの場合、「肝」も影響しているのだけど。
 長くなっちゃったから、次にするわね。

まいちゃん:
 えぇえ!?まだあるんですか??

だいぶお話がノッてきた深澤先生。
一言で「夏バテ」と言っても、
体質や夏の過ごし方によって様々な症状があるようです。
まいちゃんの場合、さらに「肝」も影響しているようですか?

それでは次回も、お楽しみに!