第4話 湿っぽいのは苦手です

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、まいちゃんの体質から熱中症を読み解いた深澤先生。

前回のお話 第3話 やはりこの世は因果応報 

今週は、夏の暑さと体質について、さらに深く解説が進むようです。
前回のエピソードで登場した「湿邪」について、お話があるようですが、
熱中症とどんな関係があるのでしょう??

気になる本編は、こちらからご覧ください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
深澤先生! 前回、私の「熱実証」の熱中症についてお話してもらいましたが、
ここに「湿」も関係してくるっていうのは、どういうことですか??

深澤先生:
説明的なセリフをありがとう笑
日本は梅雨の後にが来る、という季節的なタイミングと、
 熱中症とが、とても深く関係している場合があるの。

まいちゃん:
確か、「湿」って、体の中の湿りけのことですよね??
ジュクジュクなやつ。

深澤先生:
アトピーの時に少し触れたのだけど、
この「湿」体の中に蓄積されていると、
体の中の流れが悪くなってしまうことがあるの。

特に「脾」「湿」が溜まってしまうと、
 「脾」の動きが悪くなってしまい、
 お腹が張ってご飯が食べにくくなることがあるのよ。

まいちゃん:
そうか。夏の前って日本は梅雨ですよね。
 梅雨からやってくる「湿」体の中にたまるっていうこともあるんですよね。

深澤先生:
他にも、暑い夏だからといって、
 ビールや冷たいものの取りすぎでも、体の中に「湿」は溜まっていくわ。

で、「湿」によって水の流れが停滞してしまうと、
 体の中の循環が悪くなって、潤っていない場所ができてくる。
 「気滞」が起きてしまうのよね。

すると、その循環の悪いところに水が足りなくなるから、
 体が乾きを感じてしまい、喉が渇くようになるのだけど、
 「脾」力がないと、喉が渇いていてもお水が飲みにくい、ということになるの。

まいちゃん:
うぅ〜ん。 体の中の湿気が多すぎてもダメなんですね。
 冷たいもの食べすぎで食欲がなくなってる時って、
そんな感じなんでしょうか?

深澤先生:
そうかもしれないわね。
 を好み、湿を憎む」という言葉があってね。
とりわけ「湿」には弱い臓なの。

それに「湿」は「陰」だから、「同質を呼び合って」
 ますます湿気っぽいものを取り込みたくなってしまうのよ。
冷たいものばっかり飲み食いしてしまうと、
お腹を壊してしまうのは、「脾」に力がない証拠なのよ。

まいちゃん:
 「湿」は「陰。。。でも先生。
 「陰」って冷たい感じがしますが、熱中症になっちゃうんですか??

深澤先生:
 「陰」の性質で他にも、
 「重たい」っていう性質があったの、覚えているかしら?

まいちゃん:
ええと。 確か、重くて、湿ってて、動かないイメージです。

深澤先生:
そう。「動かない」「重い」
つまり、湿が入り込みすぎると、重くなって動きが悪くなるの。

 「湿邪」というのは、体の水分を停滞させるから、
本来体に届けられるべき栄養が滞ってしまい、
各臓器を栄養不足・水分不足にしてしまう原因も作ってしまうの。
 夏にむくみやすい、という人は、体の中に「湿邪」をためている可能性が高いわ。

まいちゃん:
そうか!! 「脾」の動きが鈍くなると、
 「水穀の精微」体に取り込まれにくくなりますよね!
。。。で、そこからどうなるんでしたっけ苦笑

深澤先生:
惜しかったわねぇ笑
でも、着眼点としては、いい感じよ!

 「脾」湿邪で動きが鈍くなってしまうと、「水穀の精微」が、に送られにくくなるの。
だとね、「水穀の精微」から作られる「精」「氣」が不足して、
 体の水分を調整する力が落ちていく

前にお話しした通り、
 肺」では「水穀の精微」から「氣」「精」を作り出していたの、
思い出したかしら??

まいちゃん:
あ! ということは、
体の氣・血津液も不足するし、流れも悪くなっちゃう。
肺に送られる「水穀の精微」が減ると、の氣も足りなくなるから、
水分代謝が落ちちゃう!

深澤先生:
そう! 既に「湿邪」が溜まっているところに、水分代謝が落ちる
すると、ますますむくんで汗が出にくくなる
トイレに行く回数も減ってしまう。

 汗が出ないから、放っておくとが篭って
これも熱中症みたいになっちゃうわね。
汗が出ない、喉が渇いているのに水が飲みにくい、
お腹が張る、といった症状を持っている人は、
 「熱証」よりも「湿邪」の影響が強い、と考えた方が良いわね。

まいちゃん:
そうかぁ。 一概に熱中症って言っても、
体質によって、原因が違ってくるんですね。

深澤先生:
だから、一見同じように見えても
 実は原因が違う、ということがあるのよ。

まいちゃんが「体質」と言っているのを中医学では「素体」というのだけど、
 「素体」を見極める時に必要なのが、「」というわけ。
この見極めを甘くしてしまうと、
治るものも治らない、という結果になってしまうのよね。

じゃあ、次回は夏の邪の関係
もう少し解説していきましょうね。

湿邪と素体(体質)と夏の暑さの関係性を見極めることで、
体の不具合となる原因を突き止める
この深澤先生のお話は、まだまだ続きそうですが。。。?

次回もお楽しみに!