第5話 よこしまな誘惑にご注意を!

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回、まいちゃんの体質から熱中症を読み解いた深澤先生。

 前回のお話 第4話 湿っぽいのは苦手です 

今週は、夏の「外邪」体質である「素体」について、
さらに深く解説が進むようです。

気になる本編は、こちらからご覧ください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まいちゃん:
 先生! そもそも、「邪」って何ですか??
 これまで「火邪」「湿邪」って2つ出てきましたが、
 寒いのもあるんですか??

深澤先生:
 いきなりいい質問ね笑
 そうね。まずは「邪」について少しお話ししてからの方がいいわね。

まいちゃん:
 お願いします!

深澤先生:
 まず、「邪」というものには「外邪」と「内邪」の2種類あるの。
 「邪」というのは、文字の通り体の病気の元になるもののことを指すわ。

まいちゃん:
 「外邪」って、外から来るんですか?
 だとしたら、「内邪」は体の中からくる?? ん??

深澤先生:
 あはは。言葉尻で捉えてしまうと、ちょっと勘違いしちゃいそうね。
 まずは、「外邪」というのは、外から来るというのは正解。
 「内邪」というのは、体の中にある「邪」という意味で
 何もないところから、いきなり沸き起こるものではないから、安心してちょうだいね。

まいちゃん:
 そっかぁ。 病気は自分が作り出す!ってよく聞くから、
 てっきり自分の中からいきなり悪いものが湧き出てくるのかと思いました苦笑

深澤先生:
 そういう意味だと、不摂生な生活も「邪」を呼び込みやすいから注意してね。

 健康だと、「外邪」「内邪」弾いちゃって
 体は正常なバランスを保てるんだけど、
 体が弱っているところから「邪」が入り込んで
 気血津液や五臓六腑を攻撃、侵すから、
 体調が悪くなるって感じかしらね。

まいちゃん:
 隙に付け入る、っていう感じは、なんか悪者っぽいです笑

深澤先生:
 あはは、本当に!
 ではでは、話を続けましょうね。
 まずは「外邪」について。

 外からやってくる「邪」のことを、「外邪」っていうのは、
 さっきお話したわよね。

 風寒湿燥火という「六淫」と言われる病気の原因になる6つの要素があるのだけど、
 この6種類がそれぞれ、外邪として存在するわ。

 今回は夏だから、夏の「外邪」についてお話しするわね。

まいちゃん:
 ええと。 外からやってくるということは、
 環境とか、季節とか、そういったものですか?

深澤先生:
 ご明察ね! まさにその通りよ。
 まずは、夏の激しい暑さからくる邪に「火邪」があるわ。
 火のように激しい暑さで、夏の一番暑い時に体へ影響する邪のことを指すの。

 次に「湿邪」
 日本の梅雨は「湿」が多くて特徴的よね。
 この「湿」が過剰に体に入り込んで、体が湿っぽくなってしまうのよ。

まいちゃん:
 この2つは、今までのお話に出てきましたね!
 他には、夏の「外邪」には何があるんでしょう??

深澤先生:
 次に「暑邪」というのがあるのだけど、
 これも「火邪」のように暑さとともにやってくる外邪なんだけど、
 「火邪」との違いは、「暑邪」「湿」が含まれるの。
 湿というと、わかりやすいかしら。

 2つとも夏という季節に特徴のある外邪なのだけど、出てくる症状が違ってくるのよ。

 例えば「火邪」が体に入り込んだ場合、けいれんや引きつりが起こるの。
 火邪」乾いていて「陽」の氣が強いから、痛みが走ったり動き回ったりするし、
 口が乾きやすくなる。
 ひどくなると、体の中で陽邪陰氣を侵し陰血不足を起こして、足が攣ったりするの。
 つまり、熱証の方が強く出るわ。
 季節的にも、暑さに体が慣れるまでの夏の前半かしらね。

 一方の「暑邪」は、湿が強いから、重だるい感じかしらね。
 一箇所にとどまって、じんわり痛かったり、なんとなく不快だったり。
 「暑邪」「脾」を侵すと、下痢をしたり、食欲がなくなったり、お腹が重苦しかったりと、
 なんとなくスッキリしない感じが残る

 湿の両方があるから、気滞も起こりやすいし、むくみも出るし、
 喉も渇くけど、ご飯が食べにくく、水分も飲みにくいという
  体の中の停滞感は増長するわね。
 まだ暑さが残ってるけど、雨が多くなる夏の終わり頃や、
 蒸し暑くなってくる梅雨の終わり頃に多く見られるかしら。

まいちゃん:
 へー、それぞれ違う症状になるんですね。
 季節も違ってくるんですねぇ。
 でも、陰陽理論で考えると、確かにスッキリと違いがわかります!

深澤先生:
 素体の「というのは、
 一番最初の問診で見極めていく大切な分類なの。
 これを見誤ると、本当に薬も治療も効かなくなるから苦笑

 暑さからくる症状はいろいろあるけど、
 結局はそこにも、体質である素体が関係しているというわけ。

まいちゃん:
 そっかあ! 原理原則が大切ってわけですね!
 夏の「外邪」について、いろいろとわかって面白いです(^^)

深澤先生:
 他にも、邪について説明したいことがあるのだけど。
 今回は長くなったから、続きは次回ね!

夏にやってくる「外邪」にも、様々な性質があることがわかってきました。
さらに深澤先生は、「外邪」についてお話を深めていくようです。

それでは、次回もお楽しみに!