第3話 冷えと熱の間にあるのは?

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。


前回、まいちゃんの寝冷えっぽい症状から、
何かを読み解いた深澤先生。

先週のお話 第2話 やはりこの世は因果応報 

まいちゃんの症状の本当の原因はどこにあるのか?
今週も深澤流解説術がキラリと光り出しました。


気になる本編は、こちらからご覧ください!

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

深澤先生:
前回、熱中症の疑いがある」って結論から言ったのだけど、
実はね、中医学において熱中症には、幾つかタイプがあるのよ。


まいちゃん:
先生! それって体質からくるものですか?


深澤先生:
お! なかなか鋭いわねぇ
近頃、話の流れが大分見えてきてるんじゃない??


まいちゃん:
えへへ…何回も聞いてるからですよぅ!
私の体質「熱実証」だから、それと関係してるのかなぁ、なんて♪


深澤先生:
さすが! 鋭いわねぇ!
ここでもやっぱり二元論」から考え始めることが大事なの。
まずはまいちゃんの体質から考えていきましょうね。


「熱実証」ということは、
普段から体がホクホクと熱くて、氣もパンパンになっているでしょ?
これは全体的に「陽氣」が強くなっていると言えるわね。


中医学な観点から、「同質のものは引き合う」という性質があるのだけど、
まいちゃんの場合、体は全体的に「陽」の性質
つまり「熱」を引き寄せやすくなっているの。
そのくせ「実証」があるから、
暑いのに体動かすと、むしろ元気になっちゃったりしてない?


まいちゃん:
確かに、暑い夏はめちゃくちゃ得意です。
夏になると「キタ〜!」って思いますもんw


深澤先生:
まさに夏の女ね笑
だけどね、その体質がをさらに体の中に呼び込んでしまうの。


体は最初、汗をかいたりトイレに行ったりと、
脾・肺・腎フル稼働して熱を放出していくわよね。
すると水分がどんどん抜けていく

体にとって熱さは「陽氣」、そして汗は「陰氣」っていうのはわかるかしら?

まいちゃん:
そっか! 夏の暑さは「陽」体の水分は「陰」になるんですね。

深澤先生:
夏の暑さからくる邪気のことを中国では「火邪」というのだけど、
これはもちろん陽氣の塊だから、
「熱実証」の人は当然、体にこれらの邪を呼び込みやすくなっているの。

そしてでパンパンの体に、さらに「陽氣」が入ってくると、
体の中に、ますますがこもる。

すると体は過剰な熱を放出しようとして、
ますます水分を出してしまい体から水分がなくなっていく

こまめに水分をとっていればいいけど、
夜寝ている時なんか、長時間水分は取らないでしょ?
ということは、体に補給される水分より、放出する水分の方が増えていく
だと体は水分不足、つまり陰氣が不足して流れが悪くなっていくの。
バランスが悪くなってしまって、一時的に気滞が起きてしまうのね

まいちゃん:
寝て、起きるともう朝!ってことはよくあります。
それに夜中、トイレに行ったり水を飲んだしもしないし。
窓も閉めっぱなしの時は、
部屋の中がサウナみたいになってる時があります。

深澤先生:
もー! 気をつけなくちゃダメでしょ!
水分が減ると、を出すものがなくなっちゃうじゃない!
お腹を下すのは、で出せなくなっちゃったを、
体が無理やりにでも出そうとするからなのよ。

体に溜まったは通常、
以外では便お小水でしか出すことができないの。
だから、熱放出の最終段階として、体が汗やお小水で出せなくなってしまうと、
お腹を下して熱をだす、ということになるのよ。
朝起きたら、胃腸炎みたいになってない?

まいちゃん:
言われてみれば。。。
朝、すごーくお腹に差込みがきてる時って、喉カラッカラです
それに、下しているのに、お腹が固まってるみたいにカチカチになって張ってて。。。
そういえば、体の芯がゾクゾクしてるのに、外側全体はホクホクしています。
熱すぎて、むしろ寒気が出ているというか。。。

深澤先生:
ホント、健康に悪いわねぇ。。。
寒気が出るっているのは、体が頑張って冷やそうとしてるってことよ。

しかもね。「火邪」のせいで気滞が起きて「実証」も進むから、
体が陽氣過多になって、さらにがこもりやすくなるのよ。
同質のものは同質を呼び込むからね。

加えて体内の水分が不足してる、つまり陰氣が消耗して減っているから、
それを補おうとして、陽氣が陰氣に変化(転化)していくの。

すると、体の中から陽氣陰氣も消耗して減ってしまい、
体液も流れにくくなるし、出せるものが無くなってしまったところに、
外からのがどんどん入ってきて、発熱してるみたいになるの。
これがまいちゃんの熱中症ね。

こうなっちゃったら、まずは水を飲んだり冷やしたりしながら、
体の中の陰氣を補って気血津液の循環をよくして
過剰な陽氣を放出していくしかないわね。

まいちゃん:
うう。。。 呑んだくれた後って。。。
結構危ない状態だったんですね。。。
気をつけます。。。

深澤先生:
まいちゃんの体の状態、だいたいわかったかしら?
さらに、虫刺されの時と同じように、
「湿邪」が影響がある場合について補足していくわね。

まいちゃん:
え!? まだ何かあるんですか??

まいちゃんの体の状態がだいぶわかってきましたが、
熱中症は他にもまだまだ見立てなければいけない点があるようです。

次回、湿邪と夏の暑さからくる体の症状や熱中症について、
深澤先生の解説はまだまだ続きます。


それでは次回もお楽しみに!