中医学の基礎 その27 邪気と六淫 風邪

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、病気の発生原因である
「外邪」「内邪」の考え方について解説致しました。

 前回のお話 中医学の基礎 その26 邪気と六淫 内邪と外邪

今回は、六淫の内の「風邪(ふうじゃ)」について
解説していきたいと思います。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

「風邪」とは、「風(ふう)」からくる邪になります。
季節としては春の主氣ではありますが、
一年を通して存在しています。

春先、特に風邪をひきやすいのは風(ふう)が春先に多いためですが、
近年は館内空調やエアコンなど自然界ではない風の影響もあり、
季節性が薄れてきている側面もあります。

さて「風邪」の特徴ですが、
目に見えず、軽い、つまり「陽」の性質を持っています。
このため、に向かいに向かう性質(開泄)があります。
陽邪であるため、
症状や場所が動き回るなど移動します。
風邪を引いた時に
震えやめまいが出ますが、
これらは「陽邪」の性質になります。

また、「風邪」には1つ厄介な性質があります。
他の邪を引き込んだり、他の邪に転化するのです。

「風は百病の長」という言葉がありますが、
湿などの多くの外邪は、
「風邪」のもつ開泄の働きによって体の中に簡単に侵入し、
それぞれ「風寒(寒気やゾクゾク)」
風湿(鼻水や痰)」「風燥(目鼻のどが乾く)」
「風熱(体の各部所で発熱)」などが起こります。

また風は春の主氣
つまり「肝氣」と同質の氣を持っているため、
「肝」に病変をもたらしやすくなります。

が入ると陽邪が陰血を損耗してしまい、
肝氣逆流して上昇し、めまいやふらつきが出たり、
を発したりします。
さらに陰血が不足するため、
体の筋肉に栄養が行き届かなくなり、
引きつりやけいれんを起こします。

外風は、衛氣や陰血が不足していると入りやすく、
外風は内風を引き起こす原因にもなります。
風邪をひき始めると様々な症状が出るのは、
これらの「風邪」の性質のためなのです。

では、次回は「寒邪」について解説していきます。