中医学の基礎 その16 食事と五臓六腑 「脾胃」

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

先週のエピソード、いかがでしたでしょう?

一週間をかけて、
中医学における食物の行方についてお話させていただきましたが、
少々駆け足気味のところもありました。

そこで今週は、
先週駆け足で通り過ぎて行ってしまた内容をふまえ、
先週のおさらいをしてみたいと思います。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

まずはの役割から振り返ってみましょう。
最初に、これまで出てきた「胃」「脾」の性質と役割をご覧ください。

<「胃」の性質>
1.食物を受け取り、納める(受納)
2.胃は、水穀の腐熟(初歩的な消化)を行う。
3.胃で腐熟された水穀は、胃氣の降ろす力によって、脾へ運ばれる。

<「脾」の役割>
1.脾は胃で腐熟された水穀を、さらに消化し、水穀の精微という気血津液の原料へと変化させる。
2.脾の昇る作用で、体内に取り込む。
3.脾から肺を通過する過程で、気血津液が、化成される

流石にこの説明だけでは、少々不足気味で流れも曖昧です。

そこで、これらの流れを図にしてみました。
不足分も合わせて説明させていただくと、以下のような流れになります。

詳細を説明しますと。。。
① 口から取り込まれた食物は、に受納され
の中で腐熟(初歩的に消化)された水穀は、
胃氣の降下の作用により、小腸に運ばれる
④ 水穀は、小腸での運化を得てさらに消化され、水穀の精微に変化する。
⑤ 水穀の精微は、氣の上昇の作用で吸収され、上方へ運ばれる。
⑥ 水穀の精微(気血津液の原料)は、氣の昇る力で運ばれる

説明上、小腸が出てまいりましたが、こちらは後日説明させていただきます。

これら」の働きによって、
食物から水穀の精微が作られ、その有用な栄養が全身に行き渡るようになるのです。

次回は、水穀体の中を通る内に
どのように変化し吸収されていくのかを中心に
見ていきたいと思います。

<次回へ続く>