中医学の基礎 その17 食事と五臓六腑 「水穀から生み出されるもの」

おはようございます!
博厚堂はり治療院針灸院の深澤です。

前回は、脾胃の働きを中心に、
食べ物がどのように体に消化され吸収されていくのかを説明させていただきました。

 前回のお話 中医学の基礎 その16 食事と五臓六腑 「脾胃と水穀」

さて今回は、食べ物がどのように運ばれ
体に必要な栄養となるのかといった流れを、

水穀の状態変化から見ていきたいと思います。

ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー ⭐️ ーー

水穀「水穀の精微(氣)」「津液」「水湿」の3種類が混じり合った状態です。

食物は胃に受納された後、腐熟というドロドロの状態になり、
運化(運ばれ、変化(化生)すること)されながら、
体のあちこちに届けられます。
このドロドロの状態を、主に「水穀」と呼ぶことにします。

水穀は、
水穀の精微(氣)栄養である津液
上記以外の水湿が混じり合った状態になっています。
この胃で腐熟された水穀は、
胃氣の働きにより小腸に降下されます。

水穀が小腸に降下された後、脾氣の働きにより、
水穀水穀の精微(氣)へと変化し脾氣によって吸収され、
脾氣の「昇」の働きによって、脾から肺に届けられます。

一方で小腸には、
「水穀の精微」を抜かれた後の栄養である「津液(栄養)」「水湿(濁)」が残ります。

脾氣によって、
大部分の水穀の精微水分を吸収された残り
「糟粕」となり、大腸へと運ばれます。

大腸では、
糟粕からさらに水湿(濁)によって吸収され、
膀胱へと送られます。

水湿を取られた糟粕
固形物である「糞便」となり、
肛門から排出されます。

図にまとめると、以下のような形になります。

このように、体の津液の元となる「水穀」は、

胃から小腸、大腸へと送られるうちに、
「脾」の運化の働きによって変化していき、
最終的には体の外へと排出されるのです。

<次回へ続く>